【 妄想列島:その子、神の子? 】
DAZNでトーレスのインタビュー動画がアップされていました。



トーレスさんのカタカナのサインが欲しいわぁ(笑)
それにしても「9」はたまたまだったんですね、ってかたまたま残るかね?9番が??
チーム内で「9番はトーレスだろ」という暗黙の了解があって残してたんじゃないかなぁ。
エースナンバーで特別な数字だし「たまたま」は謙遜かもですね。

トーレスが「エルニーニョ」と呼ばれるようになったきっかけの話をしているんですが、
そのエピソードを聞いた上で「エルニーニョ=神の子」とDAZNは訳しています。
ナゼなの? トーレスは「神の子」なんてひとことも言ってないけど…
スペイン語で「ニーニョ」は「男の子」の意味ですよね。(女の子はニーニャ)
「ニーニョ」と呼んでいる人たちは「神の子」の意味で使っているのだろうか?
例えば、ビジャは「グアヘ」と呼ばれています。
「グアヘ」は「炭鉱夫の子ども」という意味で、ビジャのお父さんが炭鉱夫だったからです。
愛称ってそんなものですよね。仰々しい意味はほとんどないんじゃないのかなぁ。
でも日本では「エルニーニョ=神の子」と訳されます。ナゼなのか?
そこで、日本では馴染みのある言葉「エルニーニョ現象」の語源を調べてみました。

Wikipediaには『スペイン語の「El Niño」で「男の子」の意味である』と載っています。
さらに『南米のペルーとエクアドルの間に位置するグアヤキル湾やその近海の太平洋東部で、
毎年12月頃に発生する海水温の上昇現象を指し(中略)ちょうどクリスマスの頃であることから、
スペイン語でイエス・キリストを指す「エルニーニョ(El Niño)」と呼んだ。』
とあります。
スペインでは、キリストの幼少期を「El Niño」と表記しているらしく、
定冠詞(el)も名詞(niño)も大文字で書き始めることで「特別な男の子」の意味になるらしい。
「エルニーニョ現象」の場合は明確にキリストを指しているので「=キリスト」でいいと思うんですが、
では、トーレスの「エルニーニョ」もキリストを指しているのか?と言うと、
どう考えてもそんな風には思えない。
トーレスがアトレティの間で「神の子」として崇められている…と言うよりは、
私たちの「特別な男の子」という意味で、愛情を持って人々にそう呼ばれているように感じます。

ちなみにイギリスで「El Niño」は「The Kid」と訳されていました。
確かに「Boy」や「Child」より「Kid」が一番しっくりきますね。
そういう意味でも日本語訳の「神の子」は、ちょっと違う気がしています。
| 小ネタ | comments(0) | trackbacks(0)|
【 デジっちが行く!2019 】
2019年トーレスがやってそうなことの大本命「デジっち」の放送が昨夜ありましたね。
サガン鳥栖の尺のほとんどがトーレスで、ホント申し訳ないです(汗)
見逃した方のためにザックリ解説しますね。
デジっちを託されたのは、高ユー&ミッツ。

まず向かった先は、ミスターサガン鳥栖・豊田選手のところ。
続きを読む >>
| 小ネタ | comments(0) | trackbacks(0)|
【 キックターゲット 】
11月3日に放送予定だったサガン鳥栖選手が挑戦した「炎の体育会TV」のキックターゲット。
日本シリーズが5戦で終わらなかった影響で、11月17日に延期になり先週放送されました。
通常1時間の番組が17日は2時間番組になっていたのは、2週分だったからかなと思うんですが、
3日の放送であれば、鳥栖のキックターゲットがメインの構成だったと思うし、
(人気コーナーで世界的スターのトーレスが活躍したし)
ネイマールと合体させたことで、時間的に短くされたのかなぁと想像してます。
一番の被害者は豊田なんですよね。。
豊田スキーとしては悲しいはしょられ方だったんですが(泣)それもこれも

日シリが終わらなかったせいだ!と思うことにします。。

ソフバンの優勝パレードは見に行くけど。

※YouTubeにトーレスの部分だけ上がっていました。興味のある方は検索を。
| 小ネタ | comments(2) | trackbacks(0)|
【 妄想列島:スポンサー問題 】
次の試合までちょっと時間があるので、なにかと話題のスポンサーについて考察します。
サガン鳥栖の大口スポンサーであるサイゲームスが、
来季以降、契約を結ばないのではないか?という噂が流れています。
実は、サガン鳥栖とサイゲームスが上手くいっていないという話は、
福岡に住んでいる私の耳にも入ってくるほどでした。
もちろん噂話なので、本当のところはよく分かりません。
分かりませんが、私はサイゲームスは来季スポンサーを降りると思います。
そう思う理由の1つは「トーレス」。
鳥栖が勝手にトーレスを獲ったことにサイゲームスが怒っている、なーんて話ではありません。

そもそもなぜ鳥栖はトーレスにオファーを出したのか?

そこからの話です。
続きを読む >>
| 小ネタ | comments(2) | trackbacks(0)|
【 サウールのタトゥー 】
ツイッターに流れてきたサウールのタトゥーネタ。


時計の下に書かれている文字、正直私にはなんて書いてあるか分からないんですが(汗)
解読された方によると「RV-ATM min 75 / 6-1-2016 FT9」と書いていると。
どういう意味なのか? 謎を解く鍵は、2016年1月6日です。
この日アトレティコ(ATM)は、国王杯でラージョ(RV)と対戦しています。
その試合の75分に何が起こったのか?
実はトーレスがスタートからカピタンマークを巻いていたんですが、75分に交替する際、
サウールの腕にトーレス自らカピタンマークを巻いてあげて下がっています。
(まさにこのタトゥーの位置あたりに)そのことを書いている、とのことでした。
本当にそう書いてあるかはよく分からないんですけど、もし本当ならサウールらしいと思いますね。
ブログをやっててよかったなと思うのは、過去の試合内容をメモっているので、
日付をさかのぼれば知りたい内容が分かることです。
自分の書いた記事でこの流れを思い出しました(笑)
しかも、このときの記事にはこんなGIFまで付いていた(↓)

 

そうそう、こんなシーンあったあった!
まぁタトゥーの文字がこの日のことじゃなかったとしても、ほっこりできたのでヨシ!です。
| 小ネタ | comments(0) | trackbacks(0)|
【 モデ〜ル:アンダー30 】
まだまだ若手だと思っていたマタが、すでに30歳になっていた!
ということで、30歳の選手もコチラのカテゴリーに入ってます(苦笑)
だいぶ頭部があやしくなってきたフンメルス(29歳)から、どぞ〜。
続きを読む >>
| 小ネタ | comments(0) | trackbacks(0)|
【 モデ〜ル:オーバー30 】
時間ができたらやらなきゃ!と思っていたことの1つが、モデル画像の放出。
まずは「オーバー30」編、俺たちのカピタンから。
続きを読む >>
| 小ネタ | comments(0) | trackbacks(0)|
【 へのへのもへじ 】
週末のヘタフェ戦、トーレスはどフリーのチャンスをふかしてしまいましたね…
その瞬間の私の顔(↓)


「そこは枠に飛ばしておくれよ〜」

ということで、この鬱々とした気分を晴らすために「へのじぐち」トーレス特集やりまっす!
さぁ、みんなで一緒にへのじぐち!!
続きを読む >>
| 小ネタ | comments(0) | trackbacks(0)|
【 おさわり禁止 -part1- 】
最近トーレスの出番が少なくて寂しいわ〜と思っているトーレスファンに小ネタをば。
ちょっと前にこんな写真がアトレティコ公式から流れてきました(↓)

これ見て「ジエゴコスタなにしてくれてんねん!?」と思ったけど、
トーレス自身はけっこう何をされても「されるがまま」なんですよねぇ(笑)
ということで、トーレスにさわりたがる面々を検証します。
続きを読む >>
| 小ネタ | comments(0) | trackbacks(0)|
【 マタ写真館 】
以前フンテラールの写真が素敵だと紹介したことがありますが、
最近「いいな〜」と思うのがマタです。
もともとマタは自分で撮った写真をツイッター等によく上げてくれていたんですが、
ここ最近急激に写真の腕が上がった感じ。
カメラマンの彼女でも出来たか?と勘ぐりたくなるレベル(笑)
もしかしたらマタではなく同行者が撮った写真かもしれないけど、
それでも素敵な写真が多いので紹介します。

※写真はマタのツイッター(@juanmata8)から抜粋してます。

マタ22.jpg
続きを読む >>
| 小ネタ | comments(0) | trackbacks(0)|
selected entries
categories
archives
recent comments
Recent Trackback
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks