<< 分岐点 | main | ペペ本の目次 >>
【 ペペ本の中身:トーレス編 】
しばらくサッカーから離れるつもりでしたが、なかなか離れるの難しいですね(苦笑)
昨年レイナがW杯の本「El mundo en nuestras manos」を出したんですが、
その中身を英訳してくれてるサイトがあって(いつもお世話になっております!)
トーレスのことを語ってるページの訳が出てました。
レイナの愛を感じます。よかったらどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
南アフリカに出発する直前の、最後の親善試合でペドロは得点した。
しかし注目されたのは、ケガの回復が心配されていたフェルナンド・トーレスの方だった。
そのとき俺たちは、彼のハードワークとすべての努力が報われた姿を見ることが出来たんだ。

優勝パレードのバスの上で、俺はアトレティコマドリードの旗を振り続けるフェルナンドを見ていた。
彼が俺たちの夢を叶えるために、メルウッドで懸命にリハビリをしていた姿を思い出しながら。
俺たち全員はこのタイトルに値する。
でも、エルニーニョはさらにもう少し値すると思ってる。
俺がなにを言ってるかって?より多くってことだよ!
彼は教えてくれたんだ。EUROで決勝ゴールあげ、俺たちはチャンピオンになれるんだということを。
あれがあったから俺たちはチャンピオンになれたんだ。
W杯前の最後の親善試合、ポーランド戦はムルシアで行われた。
試合でいろんな場所に行き、どの場所でも歓迎されたけど、ここは特によくしてくれた。
そして俺たちは6-0で勝った。それはあらゆる疑いを取り去ってくれる勝利だった。
次の日上機嫌で南アフリカに旅立ったよ。
俺たちのプレシーズンは終わり、今はW杯に集中するだけだった。

スタメンはイケル・カシージャスだということを、ビクトル・バルデスも俺も理解していた。
それは、俺たちのプレー時間は終わったということを意味している。
人は不思議に思うかもしれないね。なぜバルセロナとリバプールのゴールキーパーが
スタメンの座を争わずに、この状況を受け入れているのかを。
ロッカールームにいなかった人には分からないだろう。
君がゴールキーパーでないなら、なおさら理解するのは難しい。

ゴールについてコーチが語った多くの言葉を思い出す。
絶対的な信頼を必要とするポジションがあるならば、それはゴールキーパーだ。
たった1回のミスがチームの献身のすべてを台無しにする。
ビクトルと俺はプレーできることを知っているし、俺たちは十分に信頼されてもいた。
でも時間とともに俺たちはチームの課題が分かったんだ。例えばイングランドのような。
W杯の間コーチングスタッフが正しい判断をしたんだということを感じていたよ。

俺たちは別に休暇で南アフリカに行っていた訳じゃない。まったく逆。
トレーニングセッションはとても激しかったよ。
そしてイケルはよりよくなっていったんだ。
飛行機を降り立ったとき、彼自身がよりよくならなければならないことを知っていた。
チームが強くなるためには、偉大なゴールキーパーと偉大な9番が必要だと言われている。
スペインはその点で落ち着いていた。
素晴らしいゴールキーパーと素晴らしいゴールスコアラーをすでに持っていたから。

フェルナンドが最高の瞬間に、正しい場所にいるのを見たとき、俺たちはうれしかった。
ポーランドとの親善試合で6-0で勝ったあと、彼はとても喜んでいたよ。
66分に交代出場して、数分でゴールをあげたんだ。でも状態は決してベストではなかった。
そして彼はもう一歩W杯に近づくための努力をしなければならなかった。

みんなフェルナンドを必要としていた。
彼と彼のゴールに期待したし、彼が加わることですべてのピースが埋まるからね。
コーチングスタッフによって準備されてきたチームの形を、
南アフリカに出発する前に変更しなくて済むんだ。
俺たちは彼を待っていた。
結果、エルニーニョはスーツケースのチェックを受け、彼のゲートを見つける時間もあった。
そして搭乗券を差し出して、俺たちと一緒に飛行機に乗り込んだんだ。

シーズンの終わりは、彼にとってもチームにとっても容易なものではなかった。
フェルナンドのすべてに対する責任感には常に驚かされたよ。
彼がアトレティコ・マドリードでキャプテンになったのは、やっと運転免許が取れる歳だった。
彼がリバプールに移籍を決めたとき、彼の愛するチームを助ける必要があった。
彼がアンフィールドに降り立つ頃には、誰もがすでに味方だった。
彼は、彼のクラブ、そして彼の代表チームに献身的に打ち込んでいる。

彼は誰をも幸せにしたかった。アンフィールドを失望させたくなんかない。
ファンは彼に対して心からの賞賛を送っている。
彼が得点したり、または後押しを必要としたとき、彼らはいつでも彼のための歌を歌う。
KOPは彼がリバプールに到着したときから「Armband Song」を作りはじめていた。
3シーズンが過ぎても、彼らはその歌を彼のために歌い続けている。

フェルナンドはチームを見殺しに出来なくて、ヨーロッパリーグでプレーし、
チャンピオンズリーグへのクオリティに戻そうとした。
でも、彼にあまりにも多くのプレッシャーをかけることは、彼自身がケガを負い、
W杯にさよならを言わなければならない事態になることも知っていた。
スペインでは彼に早くひざの手術を受けるように勧めていたんだ。
でもイングランドでは、W杯のためのアドバイスは忘れ去られていた。
そしてリバプールは、彼自身が決断するまでフェルナンドをセンターで使った。

クラブは彼にとって最もよいのは、プレーをやめてよくなるためのすべてをすることだと考えた。
俺たちはそのときチャンピオンズリーグの資格を得られないリスクがあったけど、
彼らはリスクを冒すことに決めたんだ。
負傷者リストの上で多くの時間を費やすことになるであろうケガに対して。
フェルナンドは手術を受けた。
そして多くの時間をメルウッドとガリシアで費やし、彼の膝を強化した。

W杯の最後の瞬間に、彼がケガをしてしまったことはすごく残念だ。
それがシリアスなものではなかったとしても、勝利の瞬間も彼の苦悩の表情が忘れられなかった。
俺たちのために、そしてチャンピオンになるためにすべてを費やした彼に向けられた不運。
あのときケガをした彼は、だからこそより多くタイトルに値しているんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペペ〜〜〜。。。
| | comments(6) | trackbacks(0)|
comment
Hi, 二度めましてーにゃんどさん!
わぁぁぁああん!涙 やっと泣かなくなったのに...ぺぺ...
いつまでも親友でいてあげてね、と願いますよね!
もう、これを聞いても、シャツを燃やすような悲しい人たちは彼を責められるのか、と思いますよおおお!

トーレスがどれほどの思いでフットボールに臨んでいるか...
活躍しなかったことばかり言われますが、本当にあの子はW杯に値するんですよね。本当に素晴らしい子です。誇りです。

あ、私は青いトーレスも全力で応援することを決めましたよん!
Redsももちろんですが、たとえアンフィールドの誰もが彼を忘れても、私は絶対に忘れないです!キリッ
日曜日の試合も、レッズでもブルーズでもなく、トーレスに勝ってほしいです!
もちろんゴール決めて、そしてウッカリ間違っていつもの癖でスティービーに抱きついちゃえ〜!
では、にゃんどさんもゆっくり進んでいきませう!どこに行こうがトーレスはトーレス!
| elli | 2011/02/05 12:03 AM |
elliさんへ

こんにちは!

>いつまでも親友でいてあげてね、と願いますよね!

本当に、切に願います。よろしくペペ(泣)

>活躍しなかったことばかり言われますが、本当にあの子はW杯に値するんですよね。

Jスポの解説者が「トーレスにとっては散々なW杯だった」というたびに、
「優勝したのになぜ散々なんだ?!」と怒っておりました(笑)
決勝戦、最後のカードをデルボスケはトーレスに使った。それはトーレスがピッチの中でも外でも
必死に努力していたからだと思います。W杯に値しますよ!

>日曜日の試合も、レッズでもブルーズでもなく、トーレスに勝ってほしいです!

「トーレスに勝ってほしい」かぁ。そうですね、勝ってほしいです。

ツイッターのフォローありがとうございます。当分あんまりつぶやかないと思いますが(苦笑)
よろしくお願いします。
| 納戸 | 2011/02/05 10:10 AM |
納戸さん お元気になられましたか?
私もフットボール全てシャットアウトして引きこもろうかと思いましたが無理でしたよ。
まだまだ引きずっているヘタレです。

この心の傷は時間が解決してくれるはず です。トーレスも納戸さんも きっと・・・

スぺ代の例のW杯の録画はBRに焼くことにしました。こんなレイナ愛を聞いちゃったら全試合また観たくなりました。HDDもう満杯だし、これからは2試合ずつ録画しなきゃいけませんものね。

それに「スペイン代表 栄光の軌跡」(日本版)のDVDも買ってしまいました。インタとかも入っていて試合はハイライトですけど思い出になりますよ!ばあちゃんになってからのお楽しみに。。。

明日(もう今日か〜)は、どんな顔して出てくるでしょうね。
私は一歩引いた目線で試合を観戦したいと思っています。
でもトーレス削られたりしたら怒り狂っちゃうかもな〜


納戸節 大好きですので、少ーしお休みしたらまた語ってくださいまし〜
| chayo | 2011/02/06 3:02 AM |
chayoさんへ

>納戸さん お元気になられましたか?

心配かけて本当にすみません。そしてありがとうございます!
いろいろ考えても、もうすべてが前に進んでるので、グダグダせずに成るに任せます(笑)

>こんなレイナ愛を聞いちゃったら全試合また観たくなりました。

そうですね。裏側が分かると同じものでも見方が変わりますよね。
トーレスがとんでもないはずし方をしてるのは「ジャブラニ」のせいだと思ってたんですが(苦笑)
膝の状態が悪化するなか必死にやっていたんだと思えば、それすらも愛おしく見えそうです。

>HDDもう満杯だし、これからは2試合ずつ録画しなきゃいけませんものね。

うちもいっぱいいっぱいです(大汗)DVDに落とさなきゃ〜

>それに「スペイン代表 栄光の軌跡」(日本版)のDVDも買ってしまいました。

おおお〜素晴らしい〜。いいですね、老後の楽しみ(笑)

>私は一歩引いた目線で試合を観戦したいと思っています。

私はもう生観戦はあきらめました(←ヘタレ)私の分までしっかと見届けてください!

たかがサッカーだし、楽しくわくわくするような試合がただただ見たいだけなので、
ピッチ外のことで振り回されたくはないんですけどね。。
思いっきり振り飛ばされたので、ただいま必死に戻り中です(苦笑)
| 納戸 | 2011/02/06 11:07 AM |
納戸さん、こんばんは;
スペ代のワールドカップ優勝、ついこの間の事のように思い出されますね;
だけど今はいろいろ情報が入るたび、この人は本当にそう思っているのか?などと
なにを聞いても、とりあえずすべて疑わなきゃいけなくなってしまって、本当に辛いですよね;

今回のトーレスの事は、私はもともとはキャプテン&リバプールファンですが、多くのリバプールファンの方々とはちょっと感覚がズレているようで、かなりトーレス寄りの
考え方をしています(苦笑)

トーレスが、アトレティコを去る時、空港で出逢った老人から言われた言葉を、深く心に刻んでいる。と話していた事、ご存知ですか?
私は今も、トーレスの移籍にたくさん疑問を感じていますが、今夜の試合はその言葉を思いながら、見ようと思っています;

きっと納戸さんならご存知だと思いますが、念のためリンクを貼っておきますね。

http://www.guillembalague.com/interview_desp.php?id=15

ユーロで優勝したあとにバラゲさんとのインタビューで応えているものです。

今夜はトーレスはきっと、この老人のように、自分の力を信じて応援してくれる人ために全力でプレーすると私は思っていますよ;
クラブへの忠誠うんぬんじゃなく、自分自身を信じてくれる人のために。
リバプールでの挑戦が成功する事が最高のシナリオだったはずですが、そうはならならず、しかもこんな形でチェルシーへ移籍するなんて、トーレスにとって、「パーフェクト」でなんかあるはずがないですが、
考えるに、トーレスにとっても、リバプールにとっても、反対にこの形しかなかったんだ・と今は思えてきています;きっと本当は誰も幸せなんかじゃないはずです;

あと、周りの選手たちがトーレスをどう思っていたか、っていうのも、気になりますが、難しい空気はあったのかもしれないけど、一緒に補強を訴えていたメンバーは気持ちを理解していたはずです;
個人的には、理解できる選手が一流の選手なんじゃないかな・なんて(苦笑)

すみません、余計なお世話ばかりで;元気になられる事、願っています^^
| toshi | 2011/02/06 10:29 PM |
toshiさんへ

こんばんは!
toshiさん、今回は本当にいろいろとありがとうございました。
toshiさんもとても辛かったのに心配してもらって、私はなんのお役にも立てずすみません。。
フニクラさんとのやりとりを読ませていただいてました。それからフニクラさんの記事も。
今回の異常な冬の移籍劇は、裏でなんにもないのにあんなことが起こる訳がないので、
なにかしらあったとは思うのですが…それでもベニテスだったらこんなことにはならなかった、
なんてしょーもないこと思ったり…過ぎてしまったことは変えられないんですけどね(苦笑)

トーレスの人生はトーレスのもので、私なんか家族でも親戚でもないのに
リバプールで優勝してほしかった〜なんて勝手なことを思ってたのがそもそもの間違い(笑)
リバプール生まれでもイングランド人でもない、外からやって来た助っ人外国人ですもんね。
未来の構想に自分が入ってるとは限らない状況で、縛ってしまうのはあんまりですよ。

こんなに急いでしまったのは、他にも理由がある気がして…例えば膝のこととか。。
選手生命が本当に短くなっているのかも、と無駄な心配もしています(←アホです)
今の願いは1、2年でタイトル獲って、早くアトレティコに戻ってほしいなと(笑)

あ、おじいさんとの話、リンクありがとうございます!
久々に読んでみます。今夜は試合観戦できないので(苦笑)
私の分まで応援をよろしくお願いします。
| 納戸 | 2011/02/06 11:21 PM |




http://f-torres.jugem.jp/trackback/1414
selected entries
categories
archives
recent comments
Recent Trackback
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks