<< EURO:スペイン 2-0 フランス(QF) | main | EURO:セミファイナルの妄想 >>
【 EURO:イングランド (2) 0-0 (4) イタリア(QF) 】
素晴らしい試合でしたね。
あんまり素晴らしいから、このまま終わらなければいいのにと思ってしまった(←選手殺す気か)
最後はちょっと泣きましたねぇ。
イン4.jpg
イングランドは強かったなぁ。やっぱり守備に身体を張るチームは大好きですね。
特にパーカーとテリーの身体の投げ出し方はハンパなかったです。
キャプテンなんて70分に足がつってたのに、120分+PKまで蹴るんですから恐れ入りますよ。
チームのためにあそこまでやれる選手がイングランドにはたくさんいましたね。
チェルシーの守備を揶揄されたりもするけど、高給取りでプライドの高いエリート選手たちが、
たった1勝のためにすべてのプライドを投げ捨てて戦う姿には感動する。
イングランドは守備的だったけど、この試合に勝てばイングランドが優勝するかも…とも思いました。
イン1.jpg
だからもうPKはしょうがないのです。ここまで来たらあとは神様に決めてもらうほかない。



最後のメンバーはリバポFCになってましたね。

試合が始まるまでどちらを応援していいのか分からなかったんですが、
始まったら(実は)イタリアの方を応援してました。(←こんなにイングランドを褒めておきながら)
プレミアを一番観てるしイングランドの選手たちには思い入れがあるんですが、
それ以上に今大会のイタリアには思い入れがあったんです。
その話はまた今度。
| EURO | comments(6) | trackbacks(0)|
comment
納戸さま、こんにちは、2度目コメです。
優しいコメントに浮かれて、またお邪魔します!

日常生活に差し支えるから、いつも5時半に起きて追っかけ再生してたけど、
今朝は我慢できず、3時半に起きてしまいました。

で、わたしも想いましたー、「終わらなきゃいいのに!」
そして半泣きでPK観てたけど、ピルロで涙もひっこむ!

プレミアばっかりでセリエほとんど観ないのに、
すっかりイタリア応援してました。
バロちゃんは応援してたけど、
スペイン戦で、ちょっとイタリアに惚れてしまったみたいです^^

彼らが中3日なら、我々は中2日ですね。
体調整えて、あと3つ、元気に楽しみたいです。
・・・あと3つで終わっちゃう、さみしいですねぇ。
| もりまさまる | 2012/06/25 9:54 PM |
もりまさまるさんへ

こんばんは〜。またのお越しありがとうございます!

>今朝は我慢できず、3時半に起きてしまいました。

PKまでいったから今回は3時半起きで正解でしたね。
ピルロはもうカッコよすぎてビックリです(笑)

>スペイン戦で、ちょっとイタリアに惚れてしまったみたいです^^

今のイタリアは観ててワクワクしますよねぇ。惚れるの分かります。

>・・・あと3つで終わっちゃう、さみしいですねぇ。

そうか、あと3試合ですね…(EUROは短いなぁ〜)
今日明日はしっかり寝て、明後日のスペイン戦に備えねば!
| 納戸 | 2012/06/25 11:22 PM |
ブッフォンのセーブに感動しました&#10024;
毎回楽しく読ませて戴いたてます&#127925;
| kazu | 2012/06/26 12:00 AM |
kazuさんへ

はじめまして!(でよかったですかね?)
ブッフォンはモントリーヴォのために止めたって言ってましたよね〜。
どうでもいいことですが、ブッフォンのヘアピンが気になってます(苦笑)
| 納戸 | 2012/06/26 11:54 AM |
納戸さん、今晩は!

イングランドの根性・気合・魂は素晴らしかったですね。
みんな本当によく走りました、泥臭くても格好良かった。

ただ、スタミナや精神的なもので埋めきれない程、スペインやドイツなどのトップレベルとは差が開いてしまっているように感じました。
控えメンバーや、代表の当落線上にいた選手も含め、やはり見劣りする感はあると思います。
FAはそろそろ育成を国レベルできちんとやるべきなんじゃないかな、と。
色んな監督や解説者さんたちも何年か前からこういうコメントを出してますしね。


イタリアは準決勝に向けて、不安要素が多いのが心配です。
マッジョが累積、アバーテは肉離れの恐れ、キエッリーニは間に合うとして、デ・ロッシは微妙・・・。
何とか間に合ってほしいところです。


余談ですが、バロテッリとハートがPKで対峙したとき、楽しそうに笑っていたのがとても感動的でした。
あれは良い画だったなー。
| NAMKLIM | 2012/06/26 10:47 PM |
NAMKLIMさんへ

こんばんは〜!

>みんな本当によく走りました、泥臭くても格好良かった。

ほんとに!イングランドはドン底の状態だったし、なり振り構わずポイントを獲りにいって、
その結果1位で通過できたことは素直に凄いと思いました。選手はがんばりましたよ。

>FAはそろそろ育成を国レベルできちんとやるべきなんじゃないかな、と。

そのへんが私はまったく疎くて…
ただ大会直前に監督が代わるんですから、FAに問題があるのは間違いないですよねぇ。

>イタリアは準決勝に向けて、不安要素が多いのが心配です。

大会中のケガ人はイタリアが一番多いですよね。
相当な運動量を強いられてるのか…短期間での連戦には向かない戦術なのか…
しかし、ピルロは超人ですね。

>バロテッリとハートがPKで対峙したとき、楽しそうに笑っていたのがとても感動的でした。

いい画でしたねぇ。延長に入ってからなんですが、なんか戦ってるのではなく、
仲間同士でサッカーをやって遊んでるような、なぜかそんな印象を受けましたねぇ。
| 納戸 | 2012/06/27 1:15 AM |




http://f-torres.jugem.jp/trackback/1852
selected entries
categories
archives
recent comments
Recent Trackback
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks