<< EURO:イングランド (2) 0-0 (4) イタリア(QF) | main | EURO:スペイン (4) 0-0 (2) ポルトガル(SF) >>
【 EURO:セミファイナルの妄想 】
・6月28日(木)03:30 - 06:45/ポルトガル vs スペイン(wowowプライム)
・6月29日(金)03:30 - 06:45/ドイツ vs イタリア(wowowプライム)

いよいよセミファイナルですね〜。ここまでくるともう「楽しみ」より「怖い」ってカンジです(苦笑)
ちょっと時間があるのでSFの妄想でもしてみますか。

【ポルトガル×スペインの妄想】

ポルトガルは1にも2にもクリロナ様なんですが、でも試合を観て思うのはCBの強さですね。
ペペとアウベスは強力ですよね〜。まともにぶつかって勝てるのはズラタンくらいでしょうか。
で、いまのところスペインには2つの選択肢があります。
この強力CBにあえてCFをぶつけるやり方と、チビッ子たちにウロチョロさせるやり方。
普通に考えたら0トップでしょうね。
で、もう1人ポルトガルで気になるのがコエントラン。
何の因果でクラブでも代表でも守備をしないクリロナの後ろで、馬車馬のように働かされているのか…
コエントランが画面に映るたびに「不憫だわ」と思ってしまいます。
ではあるんですが、ポルトガルはちょっと変わってきてます。
ドイツ戦ではポジションをガチガチに守らせてたのに、ドイツ戦以降クリロナが自由に動いてます。
チェコ戦はほぼセンターにいたんじゃなかったでしょうか(←ウロ覚え)
とうとう「そうです、戦術クリロナです。知ってたでしょ?」と開き直ったカンジがする(笑)
ただクリロナ1人ではスペインは崩せないですよね。
相手の長所を消すことにかけてはワールドクラスのアルベロアと、センターにはブスケッツがいるし。
結局は守備に重きを置いて「PK戦上等!」くらいのつもりでくるんじゃないかと思います。

スペインは相手にボールを渡さないので、対戦相手はゴール前をかためるしかなくなるんですが、
それをこじ開けるために「0トップ」というえげつない方法で追い打ちをかけます。
で、どうなるか?相手はなんとか90分間耐え抜こうとさらに強固になる。
とにかく90分間耐えられたら勝ち!みたいな別のゲームになっていて(汗)なんの試合を観てるのやら〜。
スペインってまさに「北風と太陽」の北風ですよね。
旅人はコートを脱ぐどころか、さらに厚着をするのです。

<妄想総括>クリロナの1人旅にスペインが屈するという、今年CLで観たデジャヴが起こるかも…
ただしGKはバルデスではなくカシージャスなので、止めてくれる可能性は高い。

【ドイツ×イタリアの妄想】

ドイツの本気度は鬼気迫るものがあるので、確変イタリアといえどかなり厳しいでしょうね。
レーヴの今大会における準備にはまったく隙がない。おそらくイタリアに対する策も持ってるはず。
しかもイタリアはケガ人多発。。(大会前から多発してますが…)
キエッリーニ、モッタ、アバーテ、そしてデロッシ。1人でも戻ってこられるだろうか。
ドイツにとって計算がたたない選手がいるとしたら、それはバロテッリでしょう。
とは言え、バロテッリはイタリアにとっても計算がたたないんですが(爆)



(↑)カッサーノを引っかけてるのはバロテッリとディナターレ。FWみんな仲良しなんすね。

でも大会中に相当成長してると思います、バロテッリ。
イングランド戦なんかチームのためのプレーを120分間やり通しましたからね。
しかもPKは一番手ですよ。よく決めたと思いますね。
このまま「よくがんばったで賞」で終わるか、真の「ワールドクラス」となるかはドイツ戦次第ですかね。

<妄想総括>バロテッリに覚醒してもらいたいけど「よくがんばったで賞」で終わる気がする。
進化したドイツと確変中のイタリアでは、今はまだドイツに分がありそう。。
ただし、最高の試合展開になることは間違いないと思われます!
| EURO | comments(0) | trackbacks(0)|
comment




http://f-torres.jugem.jp/trackback/1853
selected entries
categories
archives
recent comments
Recent Trackback
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks