<< CL決勝:レアル × アトレティコ | main | メディカルチェック >>
【 スペイン代表:ボリビア戦のメンバー 】
先日、5月30日に行なわれるボリビア戦のメンバーが発表されました。

今回トーレスが呼ばれた一番の理由は、ジエゴ・コスタのケガだと思います。
コスタは昨日の検査で15日間の離脱と診断されたようで、
最終的にメンバーには選ばれると思いますが、練習する時間があまりにもない。。
コスタは今季ブレイクして代表にも最近呼ばれたばかりなので、
戦術面、連携面においてはまだ不安を抱えていて、特にスペインはバルサ戦術なので、
遅攻のスペイン代表の中でどれだけやれるかは未知数。
実際、2試合代表でプレーしているんですが、うまく機能していたとは言いづらかった。

ジエゴ・コスタがケガをせず、最高のコンディションでシーズンを終えていたならば、
もしかしたらジョレンテの方が選ばれていたんじゃないかなぁとも思う。
ジョレンテは放り込みのターゲットにもなってくれるので、オプションとしてかなりいい。
しかも今季リーグ優勝したチームで18点獲っているので、本来なら呼ばれてもおかしくない。
おそらく、ジョレンテとトーレスですごく迷ったんじゃないかと思います。
コスタが万全ならファーストチョイスがコスタで、オプションにジョレンテでいいと思うけど、
コスタが大会期間を通して使える保証はなく、チームにフィットするかも分からない状態のいま、
オプションをチョイスしてる余裕はなかったんじゃないかなぁと…
デルボスケはトーレスの方がファーストチョイスになり得ると考えたんじゃないでしょうか。

ネグレドに関してなんですが、今年に入ってから急激にコンディションを落としていて、
それは肩のケガから始まっているんですけど、肩のケガはおそらく治ってる(と思う)。
ケガから復帰して何度もスタメンで起用されていたし…ただ動きにキレが戻ってこないのです。
肩って、走るにしても、身体を回転させるにしても、軸となる重要なパーツですよね。
もしかするとケガの後遺症かなにかがあるのかも…

と、グダグダ言いましたが、ぜんぶ勝手な妄想です!
ってか、今回招集されたのはボリビア戦のためのメンバーで、最終メンバーじゃないワケで、
最終的にジョレンテでしたっ!という可能性も十分あるんですけどね。。

代表招集は約1年ぶりだそうな…そんなに経っていたのか。。
それでは囲みインタの内容をちょっとだけ(いつものテケトー解読ですが)どぞ。

Q:今回のリストは最終的な選考の保証となるか?

トーレス:「このリストはボリビア戦のためのもので、うまくいけば残ることができるだろうし、
この場にいるのは確かに大きなステップだけど、保証はなにもない。
サッカーにおいてはどんなことでも起こり得る」


Q:FW争いについて

トーレス:「いつだって誰かと競争してきた。EURO2008から多くの競争はあったんだ。
モリエンテス、ラウール、ビジャ、ソルダード、ネグレド、そして今はコスタ。
競争はハイレベルだけど、でも僕たちはライバルじゃなくパートナーなんだ。
プレーのための全てのサポートをするよ」


Q:タイトルについて

トーレス:「タイトルが獲れれば嬉しいし、タイトルを獲るためにスタートしたい。
クラブにとっては奇妙な年だった。僕たちは全てのタイトルの近くにいながら、
何も手にすることが出来なかったから。連続してタイトルを得ていたのにね。
個人的なタイトルも同じだけど、でも今ここにいることは素晴らしいご褒美だよ」


Q:ブラジルでのコンフェデレーションズカップについて

トーレス:「それはとても有意義なテストだった。
僕たちは、僕たちが何を見るかを知ったし、僕たちに何が待ち受けているかを知った。
気候はとても過酷なものになるだろうね。
僕らはすでに、どうなるかを知っている」


Q:フレッシュであるか

トーレス:「他のシーズンと比べて疲労の蓄積は少ないと感じている。
それはフィジカル的にいいことで、状態はとてもいい」


Q:CL決勝のアトレティコの敗戦について

トーレス:「アトレティコはチャンスを掴んでいたから、
最終的な結果については受け入れるのが難しかった」
| 各国代表 | comments(0) | trackbacks(0)|
comment




http://f-torres.jugem.jp/trackback/2214
selected entries
categories
archives
recent comments
Recent Trackback
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks