<< 4強 | main | W杯:アルゼンチン vs オランダ >>
【 W杯:ブラジル vs ドイツ 】
スポーツは勝つときもあれば、負けるときも当然あるワケで、
なので応援しているチームが負けても涙が出ることはほとんどないんですが、
オスカルが号泣している姿を見たとき、思わず涙があふれていました。。

ネイマールが台頭してくる前、ブラジルのエースナンバー「10」を付けていたのはオスカルで、
その頃のオスカルは代表チームの中で光り輝いていて、まさに「エース」と呼ぶにふさわしかった。
ネイマールが「10」を付けるようになり、オスカルが「11」になると、その光は徐々に薄れていき、
クラブチームでも、いいときとそうじゃないときの差がハッキリ出るようになっていて、
ワールドカップが始まっても、オスカルはあのときの輝きを失ったままのように見えていました。
でも、この試合の最後の最後に、本来のエース「オスカル」が戻ってきたんじゃないかなと思います。


前半、ブラジルが2失点したときに一旦落ち着いて立て直すことができればよかったんですけど、
アセリからか、前ばかりを見て失点を重ねる結果になってしまった。
もしもブラジルが弱小国だったなら、2失点した時点で守備の安定を図っていたと思います。
プレミアリーグを観ていても、下位チームが上位チームに対して早々に2失点してしまった場合、
まず守備を立て直してから、カウンターで得点のチャンスをじっくり待ちますね。
90分の中で必ず(数回)決定機が訪れることを、打たれ慣れた彼らはよく分かっているから。
でもブラジルにはそれができなかった。
「絶対に優勝しなきゃいけない」というプレッシャーからか、アセリの方が勝ってしまった。


今は彼らを慰める言葉すら見つけることが出来ないのがツライです…ごめんよ。。
| W杯2014 | comments(4) | trackbacks(0)|
comment
こんばんは。
慰める言葉見つかりませんよね...。
ドイツを応援してた人でも
こういう結果になるのは誰も予想してなかったと思います...。

ネイマール選手が「10」をつける前は、
オスカル選手がつけてたんですね...。
【素人なもので初耳でした。
なんていうか、いろいろ複雑ですね..。

P.S クローゼのゴール嬉しくて叫んでしまいました。笑
| めいちぃ | 2014/07/09 9:15 PM |
納戸さん こんばんは。
今回のワールドカップは何だか衝撃的過ぎて寝不足の体にさらに心までやられてしまいましたね。
スペインの大敗からようやく立ち直れたところでのブラジルの惨劇に…心が折れました(;_;)
開催国の優勝は難しいんでしょうね。
ダビルイちゃんの涙のインタビュー泣けました。
オスカルのゴールが救いでした。。。
応援している国がことごとく負けてしまっているので、もうどこも応援するのやめます。
オランダにカイトがいてもアルゼンチンにマスチェラーノがいてもね。←どんだけあのときのリバポが好きなんだよ!
ブラジルの優勝が平和のためには1番だった。暴動やら何やら危険なことが起こらないことを祈ってます。スニガ大丈夫かな…
| chayo | 2014/07/09 11:28 PM |
めいちぃさんへ

こんんちは〜。
ブラジル×ドイツは本当に、誰にも予測のつかない試合内容になってしまいました。。
ピッチに立っているのはほとんどが20代の選手たちで、
極限状態の中で自分を完璧にコントロールなんてできるはずがないんですよね。。
(30代でも難しいと思うし…)

>P.S クローゼのゴール嬉しくて叫んでしまいました。笑

クローゼはよかったですね。W杯の神様に愛された希有な選手だと思います!
| 納戸 | 2014/07/10 12:33 PM |
chayoさんへ

こんにちは〜。

>スペインの大敗からようやく立ち直れたところでのブラジルの惨劇に…心が折れました(;_;)

大量失点はけっこうきますよね(大汗)観ているだけでもかなりキツイのに、
ピッチ上の選手はもっと悲惨な風景を見ていたと思うと、心が痛いです。。

>ダビルイちゃんの涙のインタビュー泣けました。

もともと責任感のある選手だし、この日はキャプテンでしたしね…
チアゴ・シウバがずっと慰めていたのも印象的でした。。

私もあのときのリバポが一番好きなので、今朝のPK戦は見るのがつらかったなぁ〜。
あと残り2試合ですね。なにごともなく無事に終わることを祈ります。
| 納戸 | 2014/07/10 12:45 PM |




http://f-torres.jugem.jp/trackback/2243
selected entries
categories
archives
recent comments
Recent Trackback
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks