<< 2017年カレンダー | main | マドリードダービーの展望 >>
【 16-17シーズン序盤戦 】
16-17シーズン各国リーグ序盤の戦いを、順位表を見ながら検証してみます。
まずはリーガエスパニョーラ。(順位表は全てGoal.comより)
テーブル1.jpg
調子がいいんだか悪いんだかよく分からないレアルさんは、それでも負けなしの1位。
劣勢でも勝ち点を落とさないのが「強いチーム」の証しですね。
ラモっさんやカジミーロを欠いていながら10失点なのも素晴らしいな。
そんなレアルさんの今後のスケジュールは、
・11月19日/アトレティコマドリード(A)
・11月22日/CLリスボン(A)
・11月30日/コパデルレイ(H)
・12月03日/バルセロナ(A)
・12月07日/CLドルトムント(H)
アトレティコとバルサ戦はどっちもアウェイか…負けてくんないかしら(笑)
お次はプレミアリーグ。
テーブル3.jpg

どうしたっ!リバポ!!(笑)

得点「30」スゲー!!!シティさんより点獲ってるよ!
エースってカンジの人いないのになぁ(苦笑)それがいいのかしら??
数字で突出しているのは、トッテナムの11試合で6引き分けですかねぇ。
引き分けは下位にとっては命綱だけど、上位にとっては命取りですもんねぇ。

お次はブンデスリーガ。
テーブル2.jpg
上位3チームが無敗ってすごくないですか??
しかもライプツィヒとホッフェンハイムですよ?!(バイエルンはさておき)
つってもホッフェンハイムは10試合5引き分けなんですが…
ライプツィヒの20得点7失点は強豪チームの数字ですね、試合が見たいわ〜。

最後はセリエA。
テーブル4.jpg
ローマは安定して強いですね。
ミランはまだまだな印象なんですけど、3位なのは素晴らしい。
数字でおもしろいのはトリノです。27得点もしてるのに7位ってぇ…
3位でもおかしくない数字なのになぁ。
しかし、そんなトリノの上を行くのが、カリアリの12試合で20得点 29失点。
20点獲れるチカラがあるのに、29失点って…アカン。。

実際のチーム事情は順位表ではなかなか分からないんですが、
数字を見てアレコレ想像するのも、また楽しです。
| 欧州 | comments(0) | trackbacks(0)|
comment




http://f-torres.jugem.jp/trackback/2605
selected entries
categories
archives
recent comments
Recent Trackback
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks