<< 今週末の観戦予定 | main | 最終節:アトレティコ × ビルバオ >>
【 最終節の観戦予定とグリーズマンのインタビュー 】
長かったシーズンもいよいよ終わりですね〜、寂しいな〜。

・5月20日(土)22:24 - 25:30/バイエルン vs フライブルク(J sports 4)
・5月21日(日)22:53 - 25:30/アーセナル vs エバートン(J sports 4)
・5月21日(日)23:30 - 26:00/アトレティコマドリード vs ビルバオ(wowow)
・5月22日(月)04:00 - 06:00/ドルトムント vs ブレーメン(J sports 4)※録画

土曜日はアロンソとラームのラストマッチを観なければ(涙)
そして日曜日はビセンテ・カルデロンでのラストマッチを観ます。
(正確にはコパデルレイの決勝とOBによる親善試合がまだ残っていますが)
アトレティコにとっては週末が最終試合になるんですが、
練習でウエイトトレーニングやってますね(↓)

先週ベティスと引き分けたことで3位は確定したし、この段階でそんなに鍛えなくても…
と思ってしまうけど、シメオネは最後まで手を抜きませんな、さすがです!
さて、グリーズマンがラジオ番組に出てインタビューを受けていたので解読してみました。
例によって正確な訳ではありませんので、話半分でお願いします!

"Que gane la Juve la Champions y Buffon el Balón de Oro"

レアル・マドリードの試合は観た?(水曜日のセルタ戦)

グリーズマン(以下G):観たよ。たくさんゴールしていたね。マドリーらしい勝利だった。
ラ・リーガは彼らの手中にあって、おそらく失敗することはないと思う。


以前君はクリスティアーノやメッシと同じテーブルに着きたいと言った。今はどう?

G:バロンドールの3位になったことで同じテーブルに着くことができたけど、
最も難しいことがまだ残っている。2016年はタイトルが獲れなかった。


どの部分を評価する?

G:タイトルは獲れなかったけど、バランスはとてもよかったと思う。
クラブの目標は達成されたしね。チャンピオンズの準決勝敗退は失敗かもしれないけど、
シーズンの最初につまずいたことを考えれば、いい仕事をしたと思う。


チャンピオンズリーグ決勝で負けたことを忘れるのは難しかった?

G:それを克服するのは難しかったよ。でも僕たちは学ぶことができたし、再び挑戦する。
ミラノでは大変だった。目の前の華やかな光景を見なければいけなかったから。
ペナルティで敗れた後、彼らはまるで映画の主人公のようにカップを掲げていた。
とても傷ついたよ。


シメオネは歩みを止めないコーチ?

G:彼は偉大なコーチで、全ての選手にとってプレーを向上させるために必要だ。
彼がベンチに座ることはないし、多くのことを要求してくる。
ときどきトレーニング中に黙ることがあるけど、
そういうときはどうしたんだろうと心配になる。


ここに長く居ると思う?

G:彼の話しが本当なら、その意志があると言っていた。僕は信じるよ。

君は長くアトレティでいるの?

G:僕はここで快適だよ。エージェントのミゲル・アンヘルと話してはいるけど、
僕はこの瞬間を楽しんでいて、明日のための計画は立てていない。
分かっていることは、いつトレーニングをするかということだけ。
僕はチョロを愛しているし、チームメイトのことも大好きだ。
アトレティコに加入した日と同じように、今も満足している。


ワンダ・メトロポリターノをどう思う?

G:初めて見たときから気に入ってた。まだ多くが出来ていなかったけどね。
今はもっと好きになってる。


カルデロンにさよならを言うのは悲しい?

G:アトレティコにとってそれは、とても衝撃的だ。
特に長い間過ごしてきた人たち、ガビやフェルナンド、コーチ、毎週足を運んだファン。
僕たちは彼らに別れのための勝利を贈りたい。




アトレティコは最後のステップのために何が欠けている?

G:会長は選手と契約するとき、目標について話しをするんだけど、
そこで僕たちは全てのことが達成可能だと理解するんだ。
ここのスタッフと共に得たものは素晴らしいよ。
最初にチョロが示して、目標達成にあと少しまでいったけど、まだ手にしていない。
これが続けられる間は、僕たちは常にここに居られる。
チームが成功しているなかで、僕が中心選手だなんて思っていないよ。誰とでも働きたい。


アトレティではフォワードが機能していない。

G:このチームの9番は懸命に働かないといけない。
それはとても難しいことで、強いヘッドと足が必要になってくる。
僕たち全員、よくなることができるよ。


一番好きな9番タイプは?

G:カバーニが好きだよ。
僕たちのプレースタイルに合うウルグアイ人で、ボールに全てを与えることができる。
サインをするのはトップだけどね。


NBAのカリーとレブロン・ジェームズをリーガで例えるなら誰?

G:クリスティアーノはレブロン・ジェームズで、メッシがカリーかな。
僕はデリック・ローズとプレーできるならアトレティコを去ってもいい。


チャンピオンズリーグはどっちに勝ってほしい?

G:ユベントスに勝ってほしい。そしてバロンドールをブッフォンにあげたい。

オブラクのことはどう思う?

G:オブラクは世界で3本の指に入るゴールキーパーで、ベストの1人。

フランス代表にカリム・ベンゼマがいなかったことについて

G:僕たちは代表にベンゼマがいないことに慣れないといけなかった。

中国リーグに行くことはある?

G:行かないかな…

君は現在、すべてでプレイすることが出来る…

G:僕はプレイできないとうんざりして、すべてにプレイしないと怒る、なんてことはないよ。

シメオネからなにを教わった?

G:シメオネから学ぶことで、自分が想い描いていた理想に近づいてる。

なぜ7番を選んだの?

G:長袖の7番を着るのはベッカムがそうだったから。

負けるならセミファイナルの方がいい?それともファイナル?

G:ファイナルで負けると、より多く傷つくことになる。
最後に相手の映画を見ないといけないからね。


君の未来はシメオネに依存する?

G:僕の未来がチョロの去就に縛られることはないよ。

ゴールパフォーマンスの意味は?

G:ゴールしたらドレイク(ミュージシャン)のジェスチャーをしてる。
鏡の前でやってみて、イケてるのが分かったから。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9番タイプではカバーニが好きなのか…
ベンゼマ、ガメイロ、トーレスに気を遣ったと思うことにしよう(笑)
| インタビュー | comments(0) | trackbacks(0)|
comment




http://f-torres.jugem.jp/trackback/2664
selected entries
categories
archives
recent comments
Recent Trackback
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks