<< リーガ32節:アトレティコ × レバンテ | main | 今夜の観戦予定 >>
【 トーレスのエキサイティングな一日 】


レバンテ戦、カメラはトーレスを追っていたようですね。
トーレスチャントを歌うサポーターに対してベンチを出て手を振り、
「跳ばないやつはマドリディスタだ!」の歌に反応して座ったままジャンプ。
(フアンフランも一緒にジャンプしていて、2人ともカワイイ♪)
こういうのを見るとトーレスが愛される理由が分かりますよねぇ。

試合の翌日、トーレスはラジオ番組「El larguero」に出演していました。
その内容をザックリ解読します。
「離陸(退団)の時間が迫っている…」

FT:残りの時間が少ないことはあまり考えないようにして、普段どおりにしている。

「スポーツ紙は見る?マスコミはあなたを批判してはいない」

FT:不公正な批判と過度な賞讃があって、それはそれぞれの尺度だけど、
批判に対しては学ぶことができ、過度な賞讃が僕を助けてくれることはないよ。


「あなたはなぜ去るんですか?」

FT:最後のイメージは永遠に残る。
招集されない、プレーもしないという状況で終わりたくなかったんだ。
時間内にファンのみんな、フィールドの選手たちに別れを伝えたかった。


「チョロは知っていた?」

FT:チョロとオーナーは知っていたけど、ほとんどの人が知らなかった。
大事な試合が残っていたし、僕はリークされるのを望まなかった。


「人々はチョロのために去ると思っている…」

FT:僕とチョロの間に何の問題もない。プライベートでも話しをするし、僕たちは仲間だ。
言葉はときに誤解を生むことがあるけど、僕たちの間に分裂はありえない。
大事なのはアトレティで、アトレティが勝つことが最も重要なことだ。


「環境はあなたを傷つけているか?」

FT:僕は批判を受けて生きるということを学んできた。
若い頃は多くの批判にさらされて反発したこともあったけど、年月を経て、
その批判が自分に必要なものだったと理解している。
批判されずに持ち上げられると人は有頂天になり、その後たたき落とされる。
それをルイス(アラゴネス)が教えてくれたんだ。
批判を受けたときこそ学ぶチャンスだ。でも、少年時代にはその準備ができていない。
僕にはそれを教えてくれるルイスやアントニオ・サンズがいた。


「チョロは理想的なコーチ」

FT:もちろん。グリーズマンやオブラクと同じようにここに残ってもらいたい。
お金ではなく、野心が彼らを説得してくれると思う。


「グリーズマンとオブラク」

FT:グリーズマンが残ってくれることを望むけど、それについて彼とは話していない。
グリーズマンがバロンドールを獲るのに必要なのは、お金ではなくタイトルだ。
オブラクについては、彼のようなGKをいままで見たことがない。
オブラクにはガビ、コケ、ゴディンのように、ここをホームにしてほしい。


「タイトルの獲得」

FT:ヨーロッパリーグのタイトルを獲得するために戦うつもりだけど、
それが僕にとって最も美しい記憶になるかどうかは分からない。
僕がネプチューン(広場)に優勝を祝うために行ったのは子どもの頃だった。
もちろん、タイトルについては毎日考えるし、そのために戻ってきた。
でも人々の愛を受け取るのに「勝利」は必ずしも必要ではなかったんだよ。
発表の日、そして昨日(レバンテ戦)も、僕の思い出になっている。


「あなたは何を失いますか?」

FT:僕のスタジアムでそのシャツを着てプレーすること。

「エンブレム」

FT:エンブレムの変更について十分な説明がなされなかったことで反発が起きている。
彼らが声を上げることについて僕は賛同する。
エンブレムを変更した理由を説明しなければならないだろう。


「あなたの未来」

FT:まだ決まってはいないけど、スペイン国内ではないと思う。
今後について、今は重要視していない。


「ベストの監督」

FT:ルイス(アラゴネス)

「ベストのパートナー」

FT:ジェラード

「あなたのサヨナラ」

FT:理解はしているけど、それを言うカウントダウンの時間は苦痛だ。
日が近づくにつれ、さらに難しくなっていくだろう。
僕がそれを望んでいなくても、正しいことをしているんだと自分を納得させるのが、
最も難しく、つらい時間だった。
僕を常に支えてくれる人たちがそれを決心させてくれた。


「子どもたちに話したこと」

FT:家ではフットボールの話しをあまりしないけど、僕のことは理解してくれている。
彼らは独立しているから、マドリードを離れることについて説得するのは難しいだろう。
彼らには彼らの友人がいるからね。
一番嬉しかったことは、1月4日以来、彼らが「私のアトレティ」と言っていることだよ。


「あなたの数字」

FT:すべてのゴールを思い出すことができると思う。
もしベストを選ぶなら、ウィーンでの決勝ゴールとアンフィールドでのブラックバーン戦。


「コケとサウール」

FT:彼らはガビとゴディンから引き継がなければならない。
そしてこれから入って来る人々に示さないといけない。コケはすでに準備ができている。
彼はW杯でスターターになるだろうし、僕たちのプライドを満たしてくれるだろう。


「あなたの最高の思い出」

FT:リターン(戻ってきたこと)

「アトレティコでの夢」

FT:子どもの頃に描いた夢よりも多くのことを果たしたよ。
ミラノでのCL決勝は僕たちの時間だったと思う。途中まで信じていたけど逃してしまった。
リバプールではアトレティに近いものを見つけられた。


「ルイス・アラゴネス」

FT:僕の父親。デポルティーボ(スポーツ)のね。

「シメオネ」

FT:僕たち選手全員が持ち続けた夢を実現させ、その中で生きさせてくれた人。
| インタビュー | comments(0) | trackbacks(0)|
comment




http://f-torres.jugem.jp/trackback/2763
selected entries
categories
archives
recent comments
Recent Trackback
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks