<< Jリーグ7節:鳥栖 vs 川崎 | main | 2018シーズンDVD >>
【 妄想列島:責任は、有りや無しや 】
川崎戦後、竹原社長が「ファンの責任もある」と発言したという記事が出ていましたね。

竹原社長 ファンも含めた“連帯責任”との見方示す

この記事だけでは社長の真意は分からないし、不快に感じた方もいたとは思うんですけど、
でも「ファンも一緒に戦っている!」と思っている方々には、腑に落ちる言葉だったんじゃないでしょうか。
本当に一緒に戦っているのであれば、多少なりとも責任はありますよね。
逆に一緒に戦っていない人には全く責任はないです。だって戦っていないんですから当然です。

敗戦が「ファンの責任でもある」とクラブから言ってもらえるって、かなり凄いことだと思います。
試合の勝敗を左右できるほど、鳥栖にとってファンの存在は大きいということですから。
さすが鳥栖サポさんだなぁと思うし、うらやましいというのが正直な気持ちです。
私も一緒に戦っているつもりで観戦していますが、実際にはぜんぜん戦えていない。。
声は小さいし、お金もそんなに落としてないし、サッカーファンの拡大もあんまりできていない。
「あなたにも責任の一旦はある」と言ってもらえるくらいのファンになりたーい!
っていうか、マジでチームを勝たせる力が欲しい!!!勝たせたい!!!(願)

鳥栖サポさんにはそういう力があるんですよ、きっと。
これからもクラブにとって重要な存在であり続ける『責任』を担っていってもらいたい。
チームと運命共同体である鳥栖サポさんのことも、サガン鳥栖と一緒に応援します!
| 小ネタ | comments(0) | trackbacks(0)|
comment




http://f-torres.jugem.jp/trackback/2888
selected entries
categories
archives
recent comments
Recent Trackback
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks