<< 2018シーズンDVD | main | 長年の謎解ける >>
【 Jリーグ8節:松本 vs 鳥栖 】
リーグ戦も8節が終わりました。
勝てないことに加えて得点もないという状況は…やっぱりキツイですね(大汗)
鳥栖が得点するために必要なのは『2列目の点取り屋』なのかも。
どうしたってトーレスや金崎にはガッツリマークが付きますから。
そのためのクエンカだったけど、頼みのクエンカがボランチの位置まで下がってしまって…
下がる理由は『ゲームメイカーの不在』ですかね。

今季、高ヒデ先生の相方として一番希望を感じさせてくれたのが福ちゃんでした。
が、その福田は6節の仙台戦で担架で運ばれて以来、ベンチにも入っていない。。
(ケガの箇所や離脱期間などは分かりません)
そこで7節と今節の松本戦では高ヒデ先生をリベロとして配置していました。
1人アンカーではなく、おそらくリベロ。フランクフルトの長谷部がやってるポジションですね。
つまり、相方を置かなかったワケです。
んで、クエンカがボランチの位置まで下がって組み立てることになっていました。

2列目がシュートを撃つシチュエーションが増えないと、トーレスと金崎のマークは剥がれない。
高ヨシと松岡くんは頻繁にゴール前に顔をだしていました。でも怖さが足りなかった。。
クエンカや小野(涙)だったら、相手にもう少し脅威を与えられてたと思う。
(高ヨシも松岡くんも守備に攻撃に走り回ってくれていましたが)

58分、最初の交替は松岡くん。左に原川が入り、高ヨシが右に移動。
原川が入ったことで三丸が上がりやすくなり、左サイドからの進入が増えるも、ゴール前は堅い。
この時点でほぼハーフコート状態になっていたので、ニノを下げてアンヨンウを投入。
右にヨンウ、高ヨシをアンカーにして高ヒデ先生をCBに。(W高橋のユーティリティさよ)
アンヨンウは『2列目の点取り屋』として頻繁にシュートを撃ってくれました。
この役目が本当に必要だった。
そして最後の交替は、金崎から豊田。さらに、高ユーも前線に上げてパワープレーに出ましたが、
松本DF陣の集中は切れず、最後まで守りきられてしまった。。

カレーラス監督の采配が悪かった…とは、あんまり思えないです。
終盤クロス一辺倒になったのも豊田と高ユーがいたからで、
ガッツリ引いて守られてる中でトーレスに裏抜けしろっつったって、裏ないし(爆)
豊田、高ユー、トーレスのパワープレーは松本側からしたら驚異だったと思いますよ。
まぁ、得点できていたらなんの批判もないんでしょうけどね…
鳥栖の改善点は『高ヒデ先生の相方』と『2列目の点取り屋』だと思います。
プレシーズンでは島屋が右サイドに入ってゴールも奪っていたと思うんですけど、
本番ではなかなか使われないですね、なぜだろう。
っていうか、島屋のボランチ起用ってないのだろうか?? サイドは安在もいるし。
とにかく、選手の適材適所が早く見つかることを祈ります!!!

高橋義希選手、J1通算250試合出場おめでとう!(写真:サガン鳥栖公式より)
| Jリーグ | comments(2) | trackbacks(0)|
comment
納戸さん こんばんは。

勝てません!
点取れません!!

いつになったら生でトーレスのゴールを、勝利の瞬間を味わうことができるのか。。。

サンプロアルウィンスタジアムはとてもいいところでしたね。まず空気が違うし、北アルプスの雪景色は綺麗だし、桜も満開だし!
来年も同じ時期に試合がありますように!
鳥栖もそうだと思いますが、地域に密着していて来ている観客も家族連れが多いし、前に座られてた熟年夫婦は遠慮がちにタオマフ掲げ声援を送る姿は微笑ましかったな〜試合前には拡声器持った方が応援のお願いにメインスタンドの端の方まで来ていて、ビジター寄りでも緑一色になるのがわかりましたね。ただ空席は目立ちました。完売なんだけどなぜ?
完全アウェイ中、義希ご一行様のお陰でホッとしてたら、まさか隣の方はお一人様のガチ鳥栖サポさんで、あんなアウェイ感の中でユニ着てチャントも大きな声で歌い写真撮りまくり、ちょいと度肝を抜かれました(笑)

トーレス、ムウ、クエンカの3人が揃ってのスタメンでワクワクしたんですけどね〜
失点のシーンは前田が素晴らしかったのでニノの対応も仕方ないかな〜とは思いますが、厳しい言い方だとこれまでの失点はDFのミスもあるのでもうちょい頑張ってもらいたいですね。
でも失点しても得点すれば勝てるかもしれないわけで、惜しいシーンは盛りだくさんでしたけれど、、、
トーレスとムウの関係で決められていれば、というシーンは前半だけでも2回あったし、後半のカウンターもほんのちょっとの呼吸が合わず決め切れなかった。ゴール前での惜しいのもあったし、工夫はしているんだけれど、、、
トーレスさんが百発百中じゃないのは仕方ないとして(苦笑)、ムウは鳥栖に来る前の鹿島で半期で7点あげてるのでムウさんも苦しんでますね。

>とにかく、選手の適材適所が早く見つかることを祈ります!!!
惜しかった!ではそろそろ済まなくなってきているので、いない選手のことは仕方ないけれど、適材適所での起用は監督の腕次第ですのでカレーラス監督にはどうにかしてもらいたいですね。
クエンカ2人欲しい(笑)

翌日の練習前の異例の決意表明。
「勝った時も負けた時も常にサポートしてくれて感謝している。みなさんが誇りに思えるチームを作る」そんなことトーレスさんから直接言われたら、その場にいたら泣いちゃう。ぜったいに。。。
チームの成績は悪いときは周りの状況も悪くなりがちだし、ざわつきがちだし、サポーターミーティングの議事録見てびっくりだし!2時間やってたのに出席できなかった人にはあれじゃ何もわからない。元通訳も最低だし(怒)
ここまで今シーズン1番の収穫はスペイン語の(まともな?)通訳が付いてくれたことですけどね(笑)

次はルヴァン仙台戦、同じ相手に3連敗は出来ないので、誰が出ようともどんな形でも得点して勝利あるのみですね。
| chayo | 2019/04/23 9:47 PM |
chayoさんへ

こんにちは。

>サンプロアルウィンスタジアムはとてもいいところでしたね。

勝てなかったのはザンネンだけど、他の部分で楽しめてよかったですね!
夜の松本城もきれいだったのでは。日本再発見の小旅行、いいですね&#12316;。

>試合前には拡声器持った方が応援のお願いにメインスタンドの端の方まで来ていて、ビジター寄りでも緑一色になるのがわかりましたね。

そういう努力もしているんですね。鳥栖ももっとできることありそう。

>トーレス、ムウ、クエンカの3人が揃ってのスタメンでワクワクしたんですけどね〜

同じです。期待MAXでした(苦笑)
アウェイであれだけチャンスが作れたのはよくなってる証拠なんですけどね、結果が欲しい!

>サポーターミーティングの議事録見てびっくりだし!

あれはさすがにア然としました。。
スタッフの人数が足りていないのは感じていたんですが、少数精鋭ならまだしも、
少数な上に未熟となると、会社として心配になります。。
人もチームも急に成長はしないので、一緒に成長して行くしかないですかねぇ。

>誰が出ようともどんな形でも得点して勝利あるのみですね。

とにかく勝利が一番の特効薬!勝ちを目指してガンバレ!
| 納戸 | 2019/04/24 11:52 AM |




トラックバック機能は終了しました。
selected entries
categories
archives
recent comments
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks