<< 神戸戦開催情報 | main | 引退セレモニー >>
【 Jリーグ24節:鳥栖 vs 神戸 】
トーレス現役最後の試合、ヴィッセル神戸戦。
試合前、スタジアムは豪雨でした。
そういえばトーレスのJリーグ初試合のときも雷が轟く豪雨でしたね。
嵐を呼ぶ男、フェルナンド・トーレス(笑)
でも試合時間が近づくにつれ雨は次第に小降りになり、開始時刻には止んでいました。
(強烈な晴れ女さんが来ていたのかもしれない)
※豪雨の時間帯にわざわざ私に会いに来てくださったみなさん、本当にありがとうございました!
いままで顔を合わせることがなかった方々と直接お話しができてとても嬉しかったです。

数ヶ月ほどスタジアムで姿を見なかったトーレスファミリーも、この日は全員集合していました。

(↑)パパと離れるのを嫌がるエルサちゃんと、その横で静かに連行されるレオくん。

エルサちゃんのこの悲しみっぷりを見ると、パパと久しぶりに会ったのかなぁと思ってしまう。
(やっぱりエルサちゃんたちはスペインに一時帰国していたんじゃなかろうか…)

この日のスタメン(↓)は、ケガ人の多さを感じさせる陣容でした。



神戸は開始直後から全力で向かって来ました。
鳥栖にとってはとてもとても特別な試合で、それを逆手に取った神戸の猛攻でしたね。
逆の立場なら鳥栖も同じことをしたと思います。

神戸はとにかく、イニエスタと酒井高徳がやっかいでした。
高徳があまりにもやっかいで、アンヨンウがまったく生きなかった。
金崎、小野が最初から使えていたら?
チアゴ、原がケガをしていなかったら?
福田、原川が万全だったら?
タラレバですが、結果は違っていたかもしれません。

試合後、高橋秀人がインタビューにこう答えています。
「フェルナンドを良い形で送り出せなかった。自分自身に腸が煮えくり返る」(サカダイより)
選手たちが一番傷ついたかもしれませんね。もしかしたら金監督はもっとかもしれない。
トーレスももちろん勝ちたかったはずだし、ゴールも奪いたかったと思うけど、
でもこの日トーレスが一番やりたかったのは、1秒たりとも手を抜かずにやりきることだったのでは。
とにかく走っていたし、声を出していたし、審判にもおかしいときは熱を持って抗議していた。
すべての面で全力でした。









ペナルティエリア手前のFKは、自分で蹴りたいと言ったんでしょうね。
前半から全力を出していたトーレスの足は、かなり限界にきていました。

終盤、足がつっていて、自分でストレッチをしながらそれでも走り続け、
現役最後の、試合終了の笛が鳴りました。

トーレスはこの日やるべき事をやりきったと思います。
試合中に足がつった姿を見たのは、過去に1度あったかなという記憶。
当然、足がつってはまともなシュートは撃てない。
この日ゴールのみを望んでいたのなら、体力を温存していたはずで、
それをしなかったのは、最初から最後まで全力でプレーしたかったからだと思います。
現役最後の試合をガムシャラに走りきりました。

シュートを放てばゴールが奪えたリバプール時代以降は、泥臭くガムシャラなプレーヤーでした。
苦しんで苦しんで、もがいてもがいて、そして最後はレギュラーの座を勝ち取ってきた。
この試合、スタメンだったのは華を持たせてもらったのではなく、自分で勝ち取ったものです。
途中で交替することなく90分間プレーしたのも、自ら勝ち取った出場時間です。
現役最後の試合をピッチ上で必要とされながらやりきれる選手が、いったいどれほどいるでしょう。

トーレスを長く応援されてきたみなさんは、楽しいことや嬉しいことがたくさんあった反面、
苦しくつらいことも少なからずあったと思います。
トーレスは多くのタイトルを手にしたけど、サッカー人生は決して順風満帆ではなかった。
苦しい状況でも常にあきらめなかったから、私たちも応援し続けられたし、
シーズンの最後にはいつも笑顔にしてもらいました。
この試合、キャプテンとして堂々とピッチに立つ姿が見られて本当に嬉しかったです。


フェルナンド・トーレスという選手を知ってから、毎日がとても充実していました。

私がトーレスからもらったものは、単発の感動などではなく、人生の喜びそのものでした。

楽しさと嬉しさと、たくさんの驚きや興奮、そしてほんのちょっとの苦しみと、

それを上回る大きな幸せを、10年以上もの間与えてもらいました。

あなたとの日々は最高に楽しかったです。

ありがとうございました。


(↑)ゲッティさんの写真
イニエスタも泣いていたんですね。この試合をラストマッチに選んでよかったね、トーレス。
| Jリーグ | comments(6) | trackbacks(0)|
comment
納戸さん こんにちは。

今か今かとエフティエフティが更新されるのを何度も見に来ては更新されていないことに安堵…
これで最後なのか…

まだまだ心の整理がついていません。久しぶりの旅行で肉体的にも疲労感が抜けないのか、精神的なダメージが大きすぎなのかはわかりませんが、試合では泣けなかったら分、何を見ても常に涙目状態(笑)
もう少し落ち着いたらまたコメントさせていただきます。
| chayo | 2019/08/26 3:46 PM |
chayoさんへ

こんにちは。
遠いところまで旅されて本当にお疲れさまでした。今はゆっくり休養してください。
ブログはもうちょっとだけ続きます。あと少しだけお付き合いよろしくお願いします☆
| 納戸 | 2019/08/26 8:25 PM |
納戸さんこんばんは。

先日はありがとうございました!
直接お会いできてすごく嬉しかったです!
大雨に打たれてボロボロの状態ですみませんでした…。

月曜日にありがトーレス企画の佐賀新聞が届いたのですが、本当に参加してよかったなぁと見るたびになぜか涙目になってきます。

試合は残念な結果でしたけど、最後を直接この目で見届けることができて、トーレスファンとしては幸せだったなぁと感じてます。

納戸さんのブログの更新が終わってしまったら、本当のトーレスロスになりそうです(ノω;`)
| ニーコ | 2019/08/27 7:28 PM |
ニーコさんへ

こんばんは。
私もお会いできて嬉しかったです!雨のなか本当にすみませんでした!
翌日のイベントでトーレス企画の佐賀新聞を本人にプレゼントしていましたね。
同じ物を持ってると思うと、なおさら大事にしちゃいますね♪

>最後を直接この目で見届けることができて、トーレスファンとしては幸せだったなぁと感じてます。

トーレスが引退するときにはその国に行って見届けようと以前から思ってたんですけど、
まさか日本で引退するなんて…もう感謝しかないですね。

>納戸さんのブログの更新が終わってしまったら、本当のトーレスロスになりそうです(ノω;`)

少しでもトーレスロスが減るように、貯め込んだ画像を放出しておきますね☆
| 納戸 | 2019/08/27 11:49 PM |
納戸さん おはようございます。

あれから1週間がたってしまいました。

九州北部の豪雨は大丈夫だったでしょうか?つい先日にお伺いした近くの地名がニュースで流れていて心配です。

1週間たってやっとDAZNで試合観ました。時間がなかったわけじゃないんですが、そんな気にならなかったというのが正直なところです。

鳥栖の試合はいつもメイン側で観ていて今回初めてバックスタンド側での観戦でした。TVに自分の座ってる席が見えるってなんか不思議です。
アウェイでの試合、ビジター指定席を設けてるスタジアムは稀で、大っぴらに鳥栖を応援するのはちょっと勇気がいる感じでしたが、初ホームは格別でした。トーレスチャントはもちろん、自然に覚えていた鳥栖の応援歌も一緒に歌えてトーレスの名前も叫べました(笑)
オラジャちゃんたちも初めてお目にかかりました。

この試合が特別なものじゃなければ、おそらくこんな結果にはならなかったかもしれないし、トーレスさんも最後までプレーすることもなかったかもしれない。
仮に勝ってたらアディショナルタイムにスタンディングオベーションで拍手喝采だったのかな〜

>この日トーレスが一番やりたかったのは、1秒たりとも手を抜かずにやりきることだったのでは。

最後まで必死にプレーするトーレスを目に焼き付けることができて本当によかった。あの悔しそうな顔も忘れません。

>トーレスを長く応援されてきたみなさんは、楽しいことや嬉しいことがたくさんあった反面、
苦しくつらいことも少なからずあったと思います。

試合は大敗でトーレスも数少ないシュートチャンスをゴールにつなげることは出来ませんでした。
できることなら目の前での生のゴールを最初で最後に拝みたかった。
喜びはもちろんたくさんありましたが、辛かったこともありましたもんね。チェルシーへの電撃移籍が一番かな〜最初のリバポ戦での納戸さんの苦悩を思い出します。
思い出に残るゴールのひとつにチェルシーでの苦しんで苦しんでやっと生まれた初ゴールは忘れられません。

>フェルナンド・トーレスという選手を知ってから、毎日がとても充実していました。

はい。トーレスに出会わなかったらどうなってたんだろう?
私の毎日はほぼトーレス中心に回ってました。スマホの写真もTwitterもInstagramもほぼトーレスさん。同じ写真が何枚も何枚も保存されてたり(笑)
小学生のころ最初に好きになったのが外国人のアーティストで、一人でもコンサートに行った記憶があります。トーレスに出会った衝撃は、そのとき以来、いえそれ以上、こんなに長く好きでいたのは人生初ですから。

>私がトーレスからもらったものは、単発の感動などではなく、人生の喜びそのものでした。
楽しさと嬉しさと、たくさんの驚きや興奮、そしてほんのちょっとの苦しみと、
それを上回る大きな幸せを、10年以上もの間与えてもらいました。

トーレスに出会わなかったら?
考えたこともありません。この10年以上の幸せな日々に終止符が打たれましたが、この先もずっと余韻に浸って、トーレスに出会えたしあわせを噛み締めてこれからも生きていきます。

ありがとう トーレス。

試合前に納戸さんのフォロワーさんたちにお会いすることができずとても残念でした。

セレモニーや次の日のことはまた、、、
| chayo | 2019/08/30 9:21 AM |
chayoさんへ

こんにちは〜。

>あれから1週間がたってしまいました。

もう1週間ですか!早いなぁ。なんだか昨日のことのようです。

>九州北部の豪雨は大丈夫だったでしょうか?

やっと雨はやみました。後片付けが大変そうです。。

>初ホームは格別でした。

鳥栖まで来ていただけて本当に嬉しかったです!ホームはやっぱり別格ですよね♪

>オラジャちゃんたちも初めてお目にかかりました。

そっか、ホームにしか彼らはいないですもんね。
もうめちゃめちゃ愛らしい家族で、毎回写真撮りまくりです(笑)

>仮に勝ってたらアディショナルタイムにスタンディングオベーションで拍手喝采だったのかな〜

トーレスさんは最後までピッチに残っていたい派でしょうけど、どうだったでしょう。

>思い出に残るゴールのひとつにチェルシーでの苦しんで苦しんでやっと生まれた初ゴールは忘れられません。

確かに、あれは最初雨に足を取られてヒヤヒヤしたのもあって、凄く鮮明に覚えてます。
記憶に残るゴールいっぱいあるな〜(幸せ!)

>私の毎日はほぼトーレス中心に回ってました。スマホの写真もTwitterもInstagramもほぼトーレスさん。

ほんと凄いです!私なんか足下にも及びません。
そして1人の人間の生活の中心に居続けたトーレスさんは『異次元』ですね!

>トーレスに出会えたしあわせを噛み締めてこれからも生きていきます。

老後の楽しみがいっぱいありますよねぇ☆ 永遠に見ていられるかも(笑)
| 納戸 | 2019/08/30 6:40 PM |




トラックバック機能は終了しました。
selected entries
categories
archives
recent comments
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks