<< Jリーグ24節:鳥栖 vs 神戸 | main | トーレス記事 アレコレ >>
【 引退セレモニー 】
2019年8月23日 佐賀県鳥栖市 駅前不動産スタジアムにて。
引退セレモニーは、スティーブン・ジェラードのメッセージで始まりました。


(↑)画像をクリックすると動画画面に移動します。

「フェルナンド、スティーブン・ジェラードだ。
君の今後のベストを祈っているよ。本当に素晴らしいキャリアだったね。
君とプレーすることも、ロッカールームで一緒に過ごす日々も大好きだった。
またあの日に戻りたいね。
ミッドフィールドでボールを持ったとき、君が相手ディフェンダーの裏を取ると分かっていたから、
君をすぐに見つけることができた。君は僕の悪いパスも全ていいパスに変えてくれたし、
たくさんアシストする機会をくれた。あの日々が本当に恋しいよ。
それから、君と君の家族に幸運を祈るよ。
絶対に今後、お互いの道が交差する日が来るだろう。その日を待ち遠しくしてる。
All the best.」


キャプテンのメッセージを聞いて、私もあの日々が恋しくなりました。。
それにしても…ここはアンフィールドじゃなくて駅スタですよね。
よくよく考えたら、鳥栖の駅スタにキャプテンのメッセージ動画が流れるって、
時空が歪んだんじゃないかくらいの衝撃映像です(笑)


「ミナサン、コンバンハ。
様々なことに対して感謝の気持ちを贈りたいので、1つずつ気持ちを伝えます。
まず、竹原社長。日本に来る可能性を広げてくれて本当に感謝しています。
1年前マドリードに足を運んで、私が日本でプレーするために多くの説得と努力をしてくれました。
社長をはじめみんなが本当に熱い気持ちとパッションをこのクラブに対して持っているということ。
そして将来、大きなプランがあり、素晴らしい夢があるということを知っておいてください。

チームメイトのみんな。ここに来た最初の日から大きく腕を広げて私を迎え入れ、
たくさんのことを助けてくれて本当にありがとう。
昨年は降格するという危ないところでも、プロフェッショナルな姿勢と努力を常に続けて、
どんなに辛いときでも前向きな態度をとってくれたこと、本当に感謝しています。
私はみんなから本当に多くのことを学びました。
そしてみんなも私から、少しでも1つでもいいから何かを学んでくれていたらと思っています。
このクラブの将来のために、また一緒に進んでいけたらと思います。

日本のみなさん。私たち家族を迎え入れてくれて本当にありがとうございます。
みなさんには日本が素晴らしい国であるということを知っておいてください。
みなさんの、常にまわりに対するリスペクトの気持ちは、
自分たちのこれからの人生において、1つの指標になります。
必ずまた日本に戻って来て、いろんな場所を訪れたり、おいしいものを食べたり、
そういう時間を過ごしたいと思っています。

そして最後に、このスタジアムにいるサポーターのみなさんと、
残念ながらチケットを得ることができず、この場所に来ることができなかったみなさんに、
感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当にありがとうございます。
私にとって大切なのは家族です。そして今この日本にも偉大な家族がいることを誇りに思います。
これから社長やクラブと共に、クラブが1日ずつよくなるように、そしていつの日か、
みなさんがこの地にチャンピオンクラブを持つことができるように、働いて行きます。

そして私の家族に。私を助け、受け入れてくれたことに感謝の気持ちを伝えます。
今後はクラブが大きくなるために、グラウンドの外からしっかりサポートしていきます。
本当に、最後の最後まで、すべてのことにありがとうございます。
これからもクラブとの繋がりを持って、進んでいきたいと思います。
アリガトウゴザイマス。」


今回もまた、原稿など一切見ずに想いを語り尽くしました。
通訳の前田さんも大変だったと思います。お疲れさまでした。






(↑)レオくんの自由な感じが好き(笑)



(↑)映像の中で「エル・ニーニョ」の話を下田さんがしてくれてますね。
そしてイニエスタとビジャのところで、家族もみんな泣いていました。









ゴ〜〜〜ル!



(↑)9番多すぎ〜


胴上げ〜!



(↑)危ない、危ない…

9回も上げてくれて、みなさん本当にありがとうございました。



トーレスがサガン鳥栖に移籍したことは、正しかったのかどうか…
ずっと心に引っ掛かっていた疑問なんですが、この日のトーレスとチームメイトの表情を見て、
あぁ、サガン鳥栖でよかったんだなぁと、心から思いました。

サポーターのみなさんも、コレオを作ったりスマホライトを照らしてくれたり、
クラブと一体となってセレモニーを盛り上げてくれて、本当にありがとうございます。
でも一番感動したのは、トーレスのためだけに歌われた「マイノリティ」です。
スタジアム全体から歌声が響き渡るのは、初めての体験でした。もの凄かった。
たぶん、鳥栖の他の選手たちはトーレスに嫉妬したんじゃないかなぁと思います。
自分のときもこんな風に歌ってくれるだろうかと…。
どうか豊田が引退するときも、同じくらいの引退式をお願いしますね。

最後に、イニエスタが試合の前に書いたトーレスへの手紙の一文を引用します。

「いままで共に素晴らしい旅をしてきた。
フットボールは僕たちを世界の隅々まで連れて行ってくれたね。
そして今日、僕たちはどこにいる?
鳥栖で、僕と君はフットボールの試合をするんだ。
1つの試合。でもそれはただの1試合じゃない。これが最後の試合だ。
君はグアヘ・ビジャと僕と対峙して、その後、家に帰るだろう。
昨日よりも今日はボールが悲しく見えてしまうだろうけど、君を待っているよ。
君はこれからの出来事すべてを楽しみ、幸せを感じるだろう。
それにしても不思議だよ、フェルナンド。
君はまだここにいるのに、もうすでに寂しいんだ」


(El Mundoの記事より)
| トーレス | comments(4) | trackbacks(0)|
comment
ジェラードのメッセージが流れた時点で泣き、イニエスタ、ビジャと抱き合った時に号泣してました。

最後のマイノリティは本当に感動でしたね。泣きながら一緒に歌いましたよ。
DAZNでセレモニーを見直す度に、思い出して涙が出てきます。
| ニーコ | 2019/08/27 8:46 PM |
ニーコさんへ

セレモニーは号泣しっぱなしだったんですね。
それくらい、とってもいいセレモニーでしたもんね。
私は後日、写真の整理をしている途中で号泣してました(苦笑)
| 納戸 | 2019/08/27 11:55 PM |
納戸さん こんばんは。
連続の長文コメント失礼いたします。

セレモニー感動的でしたね。
引退試合はもちろん、このセレモニーを観るために鳥栖まで行って本当によかった。
TVや写真で見たら、スマホライトもコレオも素晴らしかった!

バックスタンドからはモニターが見えづらいのが残念。2台欲しいよね。セレモニーはやはりメイン側でないと、と追加チケット買っちゃおうか?とも考えていたんですが、即完売でしたね。

トーレスが引退することは近い将来くることはわかっていましたが、まさか日本で最後を迎える決断をしたことがまだ信じられません。アトレティコとしてもウチで引退してくれ〜と懇願していたはず。

>鳥栖の駅スタにキャプテンのメッセージ動画が流れるって、
時空が歪んだんじゃないかくらいの衝撃映像です

驚きましたね!日本人以外のトーレスファンは羨ましかったでしょうね。
キャプテンのメッセージがまた泣ける、、、
>君は僕の悪いパスも全ていいパスに変えてくれたし、
たくさんアシストする機会をくれた。あの日々が本当に恋しいよ。

相思相愛ですね〜
本人たちが恋しいんだからこちらもどんなにあの頃が恋しいことか、、、

>絶対に今後、お互いの道が交差する日が来るだろう。その日を待ち遠しくしてる。

どんな形で?いつ頃?
監督として対戦相手として?
同じチームで?
夢は広がりますね。待ち遠しいですね。

「ミナサン、コンバンハ」
「アリガトウゴザイマス」
トーレスさんの日本語はこの一年で上手になりましたね。

>トーレスがサガン鳥栖に移籍したことは、正しかったのかどうか…

これは本当にいつも感じていたことでしたが、試合中は厳しい悔しそうな表情を見せていたトーレスがセレモニーでは涙もありましたが、最後のあの表情を見れば正解だったと思いましたね。
日本で、鳥栖で、今、引退することに後悔など皆無の顔をしているように見えました。
その表情を見るまではまだ引退を受け入れることが出来ていなかったんですが、当日は分からなかったトーレスの顔を見て、私もちゃんと受け入れようと思えました。

>一番感動したのは、トーレスのためだけに歌われた「マイノリティ」です。

あの場所で同じ空間でトーレスのためだけに一緒に歌えたことは一生の思い出になります。
初めてタオマフを掲げて、回して、歌って、よかったな〜

イニエスタの手紙は泣けますね。
>それにしても不思議だよ、フェルナンド。
君はまだここにいるのに、もうすでに寂しいんだ。

イニエスタは最後までプレーしたかったでしょうね。いつもよりも格段にプレーの強度を上げた感じで、あのパスとか鳥肌立ちましたもんね。最後にビジャとの3人が同じピッチに立つことは叶わなかったのは残念でした。
イニエスタとトーレスがここまで仲が良かったのはスペインにいたときにはわからなかったけれど、
トーレスが日本を選ぶきっかけを作ってくれたことに感謝ですね。

イニエスタもビジャも神戸で幸せになってもらいたいですね。
| chayo | 2019/08/30 8:57 PM |
chayoさんへ

こんにちは。

>引退試合はもちろん、このセレモニーを観るために鳥栖まで行って本当によかった。

あの場所にいられたのは本当に幸せでした。

>バックスタンドからはモニターが見えづらいのが残念。2台欲しいよね。

確かに!鳥栖の予算を増やすには常勝チームにならなきゃですね。

>アトレティコとしてもウチで引退してくれ〜と懇願していたはず。

鳥栖で今シーズンいっぱいプレーして、年明けにアトレティコで引退式をすることもできたでしょうね。
でも、引退を決意したのが3月だったし…12月までは長い。。
モチベーションが保てないままプレーしたくなかったでしょうしね。
私的にはトーレスが3月末に引退を決意していたことが、最もショックでした。。

>相思相愛ですね〜 本人たちが恋しいんだからこちらもどんなにあの頃が恋しいことか、、、

たまらなく恋しいですね。
そして「お互いの道が交差する日」が本当に待ち遠しいですね!
きっとアロンソも加わってる☆

>トーレスさんの日本語はこの一年で上手になりましたね。

スピーチの始めにかならずあいさつを入れてくれますよね。
「ミナサン、コンバンハ」と言うと、お客さんが「こんばんはー!」って返してくれて、
そういうの海外じゃ起こらないから、トーレスはあれ嬉しいんじゃないかと思ってます(笑)

>日本で、鳥栖で、今、引退することに後悔など皆無の顔をしているように見えました。

私にもそう見えました。引退させてあげられてよかった。
鳥栖にとっては苦渋の選択だったと思うけど、社長には本当に感謝しかないです。

>初めてタオマフを掲げて、回して、歌って、よかったな〜

トーレスがタオマフ回してるの初めて見ました(笑)

>イニエスタもビジャも神戸で幸せになってもらいたいですね。

神戸は結果が出そうな雰囲気になってきましたね。
イニエスタとビジャがいるうちに、トップに近づいてもらいたいです☆
| 納戸 | 2019/08/31 12:17 PM |




トラックバック機能は終了しました。
selected entries
categories
archives
recent comments
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks