<< 引退セレモニー | main | 北部のラストトーレス >>
【 トーレス記事 アレコレ 】
引退セレモニーで、トーレスが日本のことを「第二の故郷」と言っていたと、
スペイン語が分かるシロさんに教えてもらったんですが、MARCAにそのことが載っていました。

・Fernando Torres, en su despedida: "Japón siempre será mi segunda casa"
(フェルナンド・トーレス、別れのとき: “日本は常に僕の第二の故郷”)

「フェルナンド・トーレスは今日、サガン鳥栖と彼のファンをいつも心に抱くと言いました。
日本のクラブは、満員のスタジアムのピッチ上で感動的なセレモニーを開催。
アトレティコでの最後のステージを閉じた後、2018年7月に日本に到着したトーレスは、
支援してくれたサガンのチームと彼のファンに感謝のメッセージを送りました。
『私にとって日本は常に第二の故郷です』とトーレスは語った。
『私にとって最も大切なのは家族であり、日本で私は偉大な家族を持っていると感じています。
それは、あなた方みなさんのことです。お世話になりました』と彼は言いました」


訳はほんの一部です(汗)すみません。。
そのほか日本の記事も載せておきますね。時間があるときに、どぞ。



[神戸戦後のインタビュー内容]

・フェルナンド・トーレス現役引退記者会見 【一問一答】

[引退に伴うコラム記事]

・フェルナンド・トーレスの幸せな現役引退。究極のチームプレーヤーが誰からも愛された理由

・トーレスとビジャの“最後の会話”…内容はプライベートなものだった

・“神の子”トーレスは鳥栖に何をもたらしたか? 誰もが認めた衝撃と「一流の振る舞い」

・結局、F・トーレスは何が凄かったのか? 鳥栖の選手に訊いた大物助っ人たる所以はピッチ外に

【追加】

・トーレスと過ごした幸福な時間 加藤恒平を支えるサプライズメッセージ

・トーレスが引退試合に盟友イニエスタとの対決をあえて選んだ理由

・F・トーレスが語った監督の重要性。学びのアラゴネス、飛躍のベニテス。

【神戸戦の舞台裏】




【翌日のイベント -1部-】



翌日のイベントにも朝一で行ってきたんですが、抽選は当たらず…(クジ運がマジでない)
当たったみなさん、おめでとうございます!!!
| トーレス | comments(2) | trackbacks(0)|
comment
納戸さん たびたび失礼いたします。

トーレスがアトレティコの一員として鳥栖に来日したときも相当悩みました。
昨年のホーム最終の横浜戦も行きたかったけど行けなかった。
引退発表がある前から、今年こそホーム最終戦は行こう!行きたい!と思ってました。

そしてシーズン途中での引退表明にこれは行かなければ一生後悔すると決断しました。

いろんな事情を理由に長旅は出来ずにいたんですが、決断してよかった。
そんな心細い母を不憫に思った娘が一緒に行ってくれて、娘と初のふたり旅で試合もセレモニーも翌日のイベントも参加できました。
2人いたのは大きかったんでしょうね。

当たりました!
どちらのが当たったかは不明ですが、サイン会参加することが出来ました。

前日の試合前、試合後に納戸さんにお会いすることが叶わなかったのですが、イベント後にお会いすることができました。
サイン会に当たったことを伝えると「私に当たって欲しかった。当たって本当によかった」と言ってくださいました。
納戸さ〜ん ありがとうございます。
トーレスさんは天使だと思ってましたが、納戸さんもトーレスさんと同じように心の優しい天使のような方です!自分も当たりたかっただろうにそんなことが言えるなんて素敵です。

サイン会は正面玄関から入って選手たちが通る階段を降りてスタジアムのピッチの一段下がった通路に並びました。
500人もの人たちにサインするってどんな感じなのか?
座って流れ作業的にどんどんサインしていくのか?
まったく近くに行くまで分からずに並んでいたのですが、部屋に入ってそこに見えたのは、通訳さんと並んで立ったままサインするトーレスさんの姿でした。
ひとりひとりの顔をちゃんと見て丁寧にサインしてくださいました。
1メートルくらいの距離でしたね。
お顔が小さいこと。
あの微笑み 脳裏に焼き付けました。
「こんにちは」と「グラシアス」は言えたつもりですが、声が小さすぎて聞こえなかったかも(苦笑)
握手したかったな〜

2008年のユーロ優勝のときのスペイン代表ユニフォームにしていただきました。
これはもう額に入れて飾るしかないと思っております。だが、ユニ用額はお高い、、、

お食事会に当たられた方からの話ですと、ツーショット写真は背中に手を添えてもらい、サインは2つにしてもらえたそうです。
当たってたら卒倒してたかも(笑)
| chayo | 2019/08/31 3:40 PM |
chayoさんへ

>いろんな事情を理由に長旅は出来ずにいたんですが、決断してよかった。

皆さんいろんな事情があって、それは1つの理由だけじゃなくて、
それこそ私には想像もできないほど大変なことだったりして、
それでも遠い九州まで旅ができて、本当によかったですね!
きっとトーレスさんの魔法ですよ。

>そんな心細い母を不憫に思った娘が一緒に行ってくれて、娘と初のふたり旅で試合もセレモニーも翌日のイベントも参加できました。

お母さん思いのステキな娘さん☆

>自分も当たりたかっただろうにそんなことが言えるなんて素敵です。

chayoさんが『Nさん』のことをつぶやかれてたので、他にもどなたかと会われたのかなと、
そう思っていたらブログのコメントを読んで「あれ?Nさんって…私??」となりました(大汗)
chayoさん、私はそんな立派な人間じゃないんです。。
でも、chayoさんが当選したことが嬉しかったのは本当の気持ちです。だってchayoさんだから。
私が優しいんじゃなくて、chayoさんがそういう風に思ってもらえる人なんですよ。
ランチ会にトーレスが大好きな方が当たっていたのも嬉しかったですね。
やっぱり神様っているんだなぁと思えました。

>通訳さんと並んで立ったままサインするトーレスさんの姿でした。
>ひとりひとりの顔をちゃんと見て丁寧にサインしてくださいました。

これは凄いですよね。500人に分け隔てなく丁寧にサインするって、想像を絶します。。
しかも引退試合の数時間後ですもんね。トーレスさん、本当にお疲れさまです!

>これはもう額に入れて飾るしかないと思っております。だが、ユニ用額はお高い、、、

私もクローゼットに眠ってるサインユニを額装すべきかしら…お高そうだけど。。

>当たってたら卒倒してたかも(笑)

1mの距離で会っても倒れてないのできっと大丈夫(笑)
またこういう機会があるといいですね♪
| 納戸 | 2019/09/01 1:31 AM |




トラックバック機能は終了しました。
selected entries
categories
archives
recent comments
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks