<< お気に入り動画 | main | ミズノ新作 >>
【 THE LEGACY(DAZN) 】
DAZNでトーレスのドキュメンタリー『THE LEGACY』が配信されていますね。

トーレス「タイトルが欲しくてこのクラブに来たんじゃない。
将来的にいいクラブになれるように手助けがしたかったんだ」


アトレティコ退団を発表した当初、できれば次のクラブでもタイトルを狙いたいと言っていました。
だから当時17位だったサガン鳥栖への移籍は、おそらくないだろうと思いました。
でも、鳥栖との話し合いが進むにつれ、考えが変わったんでしょうね。
難しいけどよりやりがいのあるプロジェクトの方に魅力を感じるようになったんだと思います。

インタビュア「日本に来たことを後悔していないか?」
トーレス「どうしてそう思うの?」


日本人はいつも自信がないんです。褒められても社交辞令だとか、本心はそう思っていないとか、
トーレスが「日本は第二の故郷で、皆さんは僕の家族です」と言ってもリップサービスだと思ってしまう。
でも、トーレスは嘘をつかないし、心に思っていないことを口には絶対にしません。
たぶんこれまで嘘の記事を書かれたり、デタラメな噂を流されたり散々したんだと思います。
だからトーレスはどんなときも、自分が言う言葉をすごく大事にしてきました。
日本の皆さん、トーレスが私たちに対して言った言葉は全て本心です。
私たちは、あのフェルナンド・トーレスから愛してもらったんです。
これほどの幸せはないですよね。

金監督「トーレスだったらこんなパスが最適なんじゃないかと話し合って再構築した。
彼はウォーミングアップを怠らないし、誰よりも徹底してやっている」


実は金監督のことをちょっと恨んでた時期がありました…本当にごめんなさい。。
これまで以上にサガン鳥栖を全力で応援します!

トーレスはサガン鳥栖の名誉会長に就任したようですね。
「名誉会長」ってなんとなく名前だけで実権のない存在みたいな…
アドバイザーの方がまだ仕事してくれそうな気がするんですけど、どうなんでしょうね。
サガン鳥栖はこれからが本番だと思います。
トーレスを獲ったことのメリットが定着して結果が残せれば、追随する他クラブも出てくるし、
Jリーグにおける鳥栖の役割も大きくなっていくはずです。がんばって進みましょう!

若き会長なカンジはする(笑)
| トーレス | comments(2) | trackbacks(0)|
comment
納戸さん こんばんは。
次々と更新していただいてありがとうございます。
あと少しだけこの長文コメントにお付き合いくださいませ。

あれから2週間がたち、少しは立ち直れたかな〜などと思っていたらコレですよ!こんなの見せられたらまた振り出しに戻ってしまいました。
トーレスが嘘、偽りのない自分の言葉で話すこと、重みがありますね。

>アトレティコ退団を発表した当初、できれば次のクラブでもタイトルを狙いたいと言っていました。

鳥栖の移籍は、今まで経験したことがない残留争いをしていることが1番のネックだったんでしょうね。ここを説得した社長の情熱がトーレスの心に響いたんでしょうね。

>「日本に来たことを後悔してないか?」

よく聞いてくれましたね。われわれが一番気にしていたことだと思うんですよね。
昨年の残留争い、今シーズンの成績、自分自身の貢献度、ここまで苦難の道が待っていたとは思っていなかっただろうな、、、トーレスを活かすことがなぜできないの?と何度も何度も思いました。
ストライカーはゴールしてこそだと本人も思っていただろうけれど、最後の試合を見ればわかりますよね。自分のゴールではなくチームの勝利のために闘っている姿を。
トーレスが今まで発してきたことで、ひと言もそんなこと言ってないのに、トーレスの今までのキャリアを考えれば、日本に来たことは間違いではないけれど、クラブの選択が間違っていた?と何度か思いました(ごめんなさいサガン)

高秀先生のお言葉
「同じチームメイトとして彼自身にチャンスをより多くを作ってあげるだけのサッカーができていないのが現状なので、もっといい雰囲気、もっと彼がより充実したシーズンを送れるようなサポート、関係性が築けたら、もしかしたら引退はもっと後だったんじゃないか?」

選手もそう思っていてくれたことが悔しいような嬉しいような。
引退を決めたのが3月というのがやはり哀しいかな、、、

引退試合でのハーフタイムに金監督が「フェルナンドはだいぶやってくれているぞ」と言ってましたね。
昨年の残留争いのときと比べて、トーレスの扱い方に困惑していたようにも思えたし、活かし方がわからないとか、あのときのあの使い方は違うだろ!とも思ったけど、監督ってやっぱり大変なんですね。

トーレスの名誉会長職
実はトーレスは引退後、監督にはならないんじゃないかと勝手に思ってて、アトレティコの次期次期くらいの会長になっちゃうんじゃなかろうか!と妄想してました。
名誉会長って何するんだろ?

翌日のイベントの様子にまさか映ってて娘と大笑い!でした。

最後に
>「後悔はあるのか」との質問ですが
全くない
全くない

2回も言ってくれてるんだから信じる!

早速、マドリッドでパパられて5人のお姿を見ることができましたが、日本にいるときよりプライベートの露出が多くなるのはかわいそうだけど、ちょっと嬉しいのは内緒で…

あと最終回は
またあらためて、、、
| chayo | 2019/09/09 10:02 PM |
chayoさんへ

コメントありがとうございます。
トーレスが鳥栖に来た意味というのをずっと考えていたんですけど、
トーレス自身が「引退しなければいけない」と感じて、引退を切に願ったときに、
鳥栖以外のクラブだったらシーズン途中での引退を許してくれただろうか?と思いました。
「トーレスがいるから」という理由で今季スポンサーになった企業もあるだろうし(継続含む)
おそらく竹原社長は全てのスポンサーに頭を下げてまわったんじゃないかと想像します。
鳥栖以外のクラブの社長に、果たして同じことができただろうか?
他のクラブだったらシーズンが終わるまで引退できなかったんじゃないか?(契約も残ってるし)
やめたいと思った時にやめさせてもらえた事も「後悔は全くない」と言いきれた要因の1つなら、
鳥栖を選んだトーレスの判断はやっぱり正しかったんだと思いました。

トーレスが日本を愛してくれたのは、一番近くで長時間いっしょに過ごした鳥栖のチームメイト、
スタッフ、クラブ関係者が、本当にトーレスによくしてくれたからだと思います。
サガン鳥栖と佐賀の皆さんには感謝しかないですね。
| 納戸 | 2019/09/17 9:59 AM |




http://f-torres.jugem.jp/trackback/2954
selected entries
categories
archives
recent comments
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks