<< 今日のスペ代 | main | コンフェデ最後の夜 >>
【 スペイン 3-2 南アフリカ 】
予想スタメンとはぜんぜん違ってましたね(汗)
スペイン代表のオフィシャルサイトからの転載だったんだけどな〜
というワケで本当のスタメンは
Casillas; Arbeloa, Albiol, Piqué, Capdevila; Alonso; Cazorla, Busquets, Riera;
Torres y Villa.
でした。(結局いつもの2トップ・・)

さて、今回は初めてのデーゲームで、気温も19℃とけっこう暑かったようです。
そのせいか前半の20分くらいからビジャがボールにさわる機会がだんだん減って、
代わりにトーレスが切り込むカタチが増えたけど、得点にはいたらず。
0-0で折り返して、後半の10分には仲良く2人同時にお役ごめんとなりました。
この時間での交代は最初っから決まってたんじゃないかな(妄想だけど)

代わって入ったのがシルバとグイサ。待ってたよ〜シルバ!
するといきなり決定機が訪れます。グイサの1トップというカタチになったのがよかったのか
シルバがフリーになるシーンが多くて、ゴール前でのチャンスを広げていく。
解説の山口さん曰く、それまでアロンソのパスを受けてくれる選手が中にいなかったけど、
シルバの投入によってゴール前でのタテパスを出せるようになった、と。
なるほどね〜、受け手のポジショニングも大切ですよね〜。もう見るとこ多すぎて大変!

ところがスペインの攻撃がよくなったその時、南アフリカはカウンターから奇跡の連携を見せ
先取点をあげました!『奇跡』と書いたのは、どう考えてもミラクルだから。
南アフリカの守備はとっても堅くていいんですが、フィニッシュの精度がほとんどない。
ところがあの先制点のシーンだけは上手くボールが繋がり、ドンピシャのクロスが上がった。
今までだったらあのクロスは上がってないけど、点が決まるときってこんなもんですよね。
ただ後半途中から入ったFWのムフェラだけはシュート精度がよかった。(なぜ彼は控えなの?)

残り時間15分での失点。このままスペインが負けるのか・・刻一刻と時は過ぎていく。
が、後半の88分。グイサが相手DF3人をものともしないシュートを放つ!
キタ〜〜〜ッ!!!グイ様ぁ〜〜〜!!!!これで同点。
さらに89分、グイサの狙いすましたループシュートがゴールネットをまた揺らした!
ついに逆転〜!グイ様ありがとう〜!来季は調子が戻るといいネ!


が、試合はこれでは終わらなかった。
ロスタイム、ゴール前でFKを得た南アフリカが、直接たたきこんで2-2の同点に!
キッカーは唯一シュート精度のいいムフェラ・・やっぱりおまえか・・
まさか3位決定戦で延長とか、ムダすぎる。。

延長戦はこのムフェラが再三いいシュートを放つも、カシージャスの神セーブのおかげで
なんとか失点を防ぐと、延長後半、ゴール前で得たFKを今度はアロンソが直接決めました!
ヤッタ〜〜〜!!!アロンソ〜〜〜!!!


結果、試合巧者のスペインがキッチリ逃げ切って3位でフィニッシュ。長かったなぁ〜。
しかし、南アフリカはいいチームでしたよ。ラクには勝てない相手でしたね。
どちらのチームも本当にお疲れさん!!




トーレスがめずらしくセンターぶんどってます!? 前に出るのはいいことだ。
| コンフェデレーションズ杯2009 | comments(0) | trackbacks(0)|
comment




http://f-torres.jugem.jp/trackback/498
selected entries
categories
archives
recent comments
Recent Trackback
profile
mail
メールはコチラ → ftft@blog.so-net.jp
bookmarks